HomePodの対応オーディオソース・オーディオ形式が判明

HomePod Apple Official

2月9日に発売が予定されている、Appleのスマートスピーカー「HomePod」が利用できるオーディオソースおよび対応するオーディオフォーマット「HomePod」の製品詳細ページから明らかになった。

Bluetoothによる音楽再生はサポートせず

「HomePod」が対応しているオーディオソースは下記の通り:

  • Apple Music
  • iTunes Musicで購入した楽曲
  • iCloud Music Library(Apple MusicまたはiTunes Matchを契約している場合)
  • Beats 1ラジオ
  • ポッドキャスト
  • AirPlay(iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Macからストリーミング)

MacRumorsによると、AirPlayを利用した音楽ソースを除いたものについては、Siriを利用して操作することが可能。購入した楽曲やポッドキャストも含まれるのはありがたい。

興味深いのはBluetoothがサポートされていない点。つまり、Apple製品以外は音楽を再生することができない仕様になっているのだ。いくら音が気に入っていても、Appleデバイスがなければ再生できない、ということになる。

また、「HomePod」が対応するオーディオフォーマットは下記の通り:

  • HE-AAC (V1)
  • AAC (16 – 320 Kbps)
  • protected AAC(iTunes Store)
  • MP3(16 – 320 Kbps)
  • MP3 VBR
  • Apple Lossless
  • AIFF
  • WAV
  • FLAC

特に「FLAC」形式のオーディオファイルがサポートされている点は注目され、高音質を徹底的に追求したい人にとっては「HomePod」と「FLAC」の組み合わせで幸せになれそう。

スマートスピーカーという括りではライバル達よりも遅く、利用できる機能も限られているが、Appleにとって欠かせない「音楽」の体験をより良いものにする、という目的で作られた高音質を追求したスピーカーであると考えると、勝負する余地は十分にありそうだ。

もっと読むHomePodまとめ