HomePod mini、”秘密”の温度・湿度センサーが有効化へ

最新ソフトウェアの適用で利用可能に。今春にはサウンド認識もサポートへ

Victor carvalho YwbWb31zvpM unsplash

HomePod miniは、本体内部に温度センサーおよび湿度センサーが隠されていたことが判明した。

AppleがHomePod(第2世代)の発表にあわせて、Apple公式サイトを更新。最新モデルと同様に、HomePod miniにも温度と湿度センサーの搭載を正式に案内している。現時点ではいずれのセンサーも利用できない。来週中に正式リリースが予定されているHomePodソフトウェアの適用で、センサーが有効化されるだろう。

温度と湿度センサーは、環境温度が約15°C〜30°C、相対湿度が約30%〜70%の一般家庭の室内向けに最適化。オーディオが大音量で長時間再生されている状況では、精度が低下する場合があるという。

HomePodは起動直後にセンサーの調整をするため、結果を表示するまで一定の時間がかかる仕様になっている。

またHomePod miniは、新機能としてサウンド認識に対応する。サウンド認識とは、煙と一酸化炭素の警報音を検知・認識し、通知で知らせる機能。HomePod(第2世代)では今春のソフトウェアアップデートでの提供と案内されており、HomePod miniも同時期なる可能性が高い。

以下にHomePod(第2世代)とHomePod miniの仕様比較表を載せておく。参考にしてもらいたい。

HomePod Homepod mini comparison
Apple公式サイトよりキャプチャ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. toripiyo(コメントID:663438)

    まさかのmini搭載済み…!
    温度計機能ちょっと羨ましかったので、久しぶりにmini引っ張り出してこようかな…

「HomePod」新着記事
トレンド検索