絢香が生演奏で歌う「やさしさに包まれたなら」のアコースティックカバーは、割りと力強くギュッと包まれる

絢香「やさしさに包まれたなら」カバー

スピッツの次はユーミン!それもあの名曲「やさしさに包まれたなら」!

先日紹介した、絢香が生演奏で歌う、スピッツ「ロビンソン」のアコーステックカバーに引き続き、松任谷由実の「やさしさに包まれたなら」のアコースティックカバーがYouTubeで公開されていたので、紹介する!

絢香らしく、力強くしっかりと優しさに包まれた!

今回のアコースティックカバーも前回紹介したスピッツの「ロビンソン」カバーと同じシリーズ。ピアノ伴奏に見るからにハモりそうなコーラス3名の計5人で演奏している。

原曲の優しさを持ち合わせていながらも絢香ならではの力強さが加わっているところがとても素敵。ユーミンはそっと包み込まれるのに対し、絢香は割りとギュッと抱きしめられるような気がした。ギュッとね。

余談だが、絢香のこのシリーズを見て、他のアーティストの曲を歌っても原曲に負けない存在感を出すことができるのが本物のアーティストなのではないか、とふと思った。アレンジ、伴奏者やコーラスの存在もあるかもしれないが、軸となっているのは絢香本人の歌であることは言うまでもない。冷静に考えてみて、これほど全面的に絢香カラーが出せるということは凄いことだ。プロの凄さを改めて実感した気がする。

今回公開されたカバー曲をまとめたアルバム「遊音倶楽部 ~1st grade~」が9月4日に発売されるようだ。上記の動画が気に入った人は是非どうぞ!

遊音倶楽部 ~1st grade~ (CD+DVD) (初回仕様)
絢香
A stAtion (2013-09-04)
売り上げランキング: 28

絢香が生演奏で歌う、スピッツ「ロビンソン」のアコーステックカバーがとても力強い! “絢香らしさ” 全開! | gori.me