【レビュー】コードレス掃除機「Anker HomeVac Duo」を使ってみた!少し重いが、省スペースでコスパ良い

Anker HomeVac Duo

これまでモバイルバッテリーを中心としたモバイルガジェットを提供してきたAnkerが突然、家電製品を発表した。

発表されたのは自動掃除機ロボット「RoboVac 10」コードレス掃除機「HomeVac Duo」エッセンシャルオイルディフューザーを発表した。

中でも今回は先行してコードレス掃除機「HomeVac Duo」をサンプル提供して頂いたので、実際に自宅を掃除してみた感想とともに使い勝手を紹介する!

スティックモードとハンディモードの使い分けが便利

まずは「HomeVac Duo」の外観と機能、特徴を紹介する。ハンドル部分にはAnkerロゴが書いてあるが、モバイルバッテリーを作っているAnkerと同じ会社であるということが未だに受け入れられない自分がいる。
Anker HomeVac Duo

スティック部分からチェックしよう。持ち手の押しやすい位置の少し先に電源ボタンとエコモード切り替えボタンがある。
Anker HomeVac Duo

上(写真右)は通常の吸引力、下(写真左)は控えめの吸引力で利用することができる。通常では連続24分間、エコモードでは連続60分間使用することができる。
Anker HomeVac Duo

こちらがハンドルを折り畳むためのノズル。
Anker HomeVac Duo

回転することによってロックが解除され、パタッと折り畳まれる。
Anker HomeVac Duo

伸ばした状態だとこう。
Anker HomeVac Duo

折り畳むとこう。大分コンパクトになる。
Anker HomeVac Duo

机や棚の上を掃除するのに最適なハンディモード

次はハンディモードを紹介する。スティックモードとは、要はハンディ機が細長いケースに入っている状態なので、着脱ボタンを押せばハンディ機を取り出すことができる。
Anker HomeVac Duo

こちらが機着脱ボタン。
Anker HomeVac Duo

ガチャッ。
Anker HomeVac Duo

これがハンディ機だ!(既に掃除をした後なので中にはゴミが溜まっている)
Anker HomeVac Duo

電源ボタン。ハンディ機はエコモードは搭載されていない。
Anker HomeVac Duo

使用するには先端に同梱されているノズルを付ける。
Anker HomeVac Duo

隙間ノズル。
Anker HomeVac Duo

ブラシノズル。
Anker HomeVac Duo

「HomeVac Duo」には充電スタンドが同梱されている。立て掛けられるだけではなく、そのまま充電することができるのは非常に便利。折り畳めば非常にコンパクトになる。
Anker HomeVac Duo

スタンドの下にはノズルを置く場所もあり、収納に困らない。
Anker HomeVac Duo

本体を差し込むとこのようにバッテリーアイコン風のLEDが点灯する。
Anker HomeVac Duo

ダスト容器などはすべて水洗い可能!取り外しも簡単

「HomeVac Duo」の強みはメンテナンスとゴミ捨てが恐ろしく簡単であるということ。まず、ダスト容器はハンディ機の先端部分を挟むように持ち、持ち上げることによって簡単に取り外すことができる。
Anker HomeVac Duo

ゴミを捨てる場合は蓋を引っ張りだし、絡まったゴミをゴミ箱に入れるだけ。
Anker HomeVac Duo

フィルターの掃除も楽ちん。蓋の中央部分を回転させ、取り出す。
Anker HomeVac Duo

なお、これらを水洗いした場合、次回使用時までにしっかりと乾燥させておくようにしましょう。

あわせて読みたい