【非公式】極薄になった新型「Apple Wireless Keyboard」のコンセプトイメージが公開

Apple Wireless Keyboard 2 【img via 9To5Mac

先日、FCC(米連邦通信委員会)の公開ドキュメントによるとAppleが「Apple Magic Mouse」と「Apple Wireless Keyboard」の新モデルを準備していることが明らかになった。


ドキュメントに記載されていた情報や画像をもとに、9To5Mac新型「Apple Wireless Keyboard」のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

12インチ型MacBookに合わせた複数カラー展開

「Apple Wireless Keyboard」は相当な歴史のあるデバイスだ。初めて登場したのは2007年。その頃はまだワイヤード(有線)モデルとなっていて、ワイヤレスモデルが登場したのは2年後の2009年。2011年に「OS X Lion」のUI変更に合わせて一部キーデザインが変更されたことを除けば、2015年になる8年間、全く進化せずにここまでやってきた。

そもそもApple製品で8年間もアップデートされていない製品があることにビックリだ。

FCCのドキュメントに公開された画像を見れば分かる通り、準備されている新型「Apple Wireless Keyboard」は従来バッテリーが内蔵されている部分が排除され、四隅にラバー製の脚を用意。キーボード右上の端には小さい電源ボタンが設置されている。電池型ではなく、充電式になると予想されている。

また、12インチ型MacBookに採用されているバタフライ構造のキーボードを採用することにより従来機よりも各キーは40%も薄く、17%も大きくなると予想される。他にもシルバーのボディに白いキーというカラーモデルだけではなく、ゴールドやスペースグレイなどのカラーバリエーションを用意する可能性もある。

これらを反映したのが下記にあるコンセプトイメージだ。まず、こちらがこれまでのカラーモデルを新しいデザインにアップデートしたもの。
Apple Wireless Keyboard 2 【img via 9To5Mac

続いて同じシルバーのボディを採用したキーカラーをブラックにしたモデル。これはなかなか格好良い。
Apple Wireless Keyboard 2 【img via 9To5Mac

こちらはスペースグレイモデル。キーカラーはブラック。まさに僕が持っている12インチ型MacBookのようなデザインだ。
Apple Wireless Keyboard 2 【img via 9To5Mac

最後にみんなだいすきゴールド。嫌味のない色合いは素敵だが、これを使うなら「Magic Mouse」ではなく同じカラーを持つ「Magic Trackpad」を隣に置かなければ不自然だろう。
Apple Wireless Keyboard 2 【img via 9To5Mac

9To5Macには他にも多数の画像が公開されているので、以下からどうぞご覧あれ!



LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760
ロジクール (2012-12-21)
売り上げランキング: 5,278

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品