「iOS 8」では念願のサードパーティ製ウィジェットが提供開始!通知センターからアクセス可能に!

iOS 8 Widgets
AndroidにはあるのにiOSにはない機能として言われ続けていたウィジェット。これがついにiPhoneでも利用できる日がやってきた!

iOS 8」ではサードパーティ製ウィジェットがついに利用できるようになると発表された!

ウィジェットは通知センターの中からアクセス可能に

念願とも言えるサードパーティ製ウィジェットの対応。Androidのようにホーム画面には表示されず、通知センターの中からアクセスできるようになっている。表示できるウィジェット数は無制限とは思えないので、恐らく多くても5件〜10件になるのではないかと予想。
iOS 8 Widgets
表示されるウィジェットは簡単に非表示にしたり順番を入れ替えたりすることも可能。
iOS 8 Widgets
デモを見た印象だとiPhoneにおける操作は若干窮屈に感じるような気がしたが、iPadでは大画面のためウィジェットの使い勝手は良さそうに見えた。デモではeBayのウィジェットで競りの額をアプリに遷移せずに変更する様子が紹介されていた。
iOS 8 Widgets
簡単な操作であればアプリをわざわざ開かずに行うことができるウィジェットは確実にデベロッパーにとって対応が求められる新機能であることは間違いない。
iOS 8 Widgets

iOS 8」に関する他の記事もチェック!


(via The Verge

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法