Google playのウェブ版が大幅リニューアル!アプリと同じフラットデザインを採用!

Google Play リニューアル
Googleの自社アプリで採用されていたデザインテイストがGoogle playのPC版にも反映された!

Google playが大幅にリニューアルしたようだ!流行りのフラットデザインを採用し、Google playアプリと統一されて見やすくなっている!

欲しいコンテンツが探しやすい、見やすい配置を採用!

これまでGoogle playのウェブ版が特別分かりづらいという印象を受けたことはなかったが、今回は大幅にデザインを変更し、現在Googleの各アプリに見られるようなフラットでシンプルなテイストに変更された。

Google playにアクセスするとストアのデザインが新しくなったことを知らせるバナーが表示され、そのすぐ下には今週のオススメ映画が並ぶ。Androidは映画に対する需要が高いのだろうか。
Google Play リニューアル
左のメニューバーからアプリのカテゴリに飛んでみる。基本構成はトップページと同じ。
Google Play リニューアル
カテゴリごとに別けられたアプリも1列4つずつしか表示されていない。アイコンも大きく表示されていて見やすくなっている。
Google Play リニューアル
アプリの詳細ページでもアイコンが大きく表示されている。MacBook Airのファーストビューでは説明文まで入らない程度に余白を十分に使った配置になっている。
Google Play リニューアル
これほど余白を十分に取っているデザインを採用していることから、今回のリニューアルの意図としてはウェブからアクセスしたタブレットスマートフォンでアクセスした際の使い勝手を考慮して実施されたのではないだろうか。

さすがウェブの王者Google、時代の流れはバッチリ抑えているね。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった