「iOS 7」の普及率、リリース後3ヶ月以内で74%となる!

iPhone 5s front apps
リリース後3ヶ月以内で7割以上。Appleの「最新OSをユーザーに普及させる仕組み」はとても良くできていると言わざるを得ない。

本日、AppleはApp Store Distributionページを更新し、現在iOS 7」の普及率が74%あることを発表した!

iOS 7」の利用率は10月から10%も上昇!

このデータはApp Storeを利用している人を元に取った統計情報。つまるところ「アクティブApp Storeユーザー」が対象となっている。

個人的には好きな要素よりも嫌いな要素の方が多い「iOS 7」だが、現地時間9月18日にリリースされて以来、現時点での普及率は74%。「iOS 6」を引き続き使っているユーザーは22%となっているようだ。

iOS 7 Adoption Rate
上記グラフから1つ重要なことが伺える。それは、現在App Storeをアクティブに使っているユーザーはiOSの最新バージョン、もしくは一世代前のバージョンが全体の96%を占めるということ。理論上、アプリデベロッパーは「iOS 6」「iOS 7」に対応さえしておけばApp Storeにアクセスする96%のユーザーにリーチできるということになる。

これに対して「Android 4.4 KitKat」の普及率はまさかの1.1%。これだからAndroidよりiOSの方がビジネスプラットフォームとして人気なんだろうなあ。

(via TechCrunch Japan

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告