古い写真を複数枚同時にデジタル化!スキャナーアプリ「Photomyne」

Using Photomyne Pro Album Scanner
Googleから突然、スキャナーアプリが登場した。古い写真をデジタル化するにはもってこいのアプリだ。


古い写真をデジタル化できることは素晴らしいことだが、1つ大きな問題がある。枚数が多いと手間暇が掛かりすぎることだ。

そこで今回紹介するのは、古い写真を複数枚同時にデジタル化できるスキャナーアプリ「Photomyne。アルバムに入れたままで上から適当に撮ってもしっかりと写真を識別し、それぞれ別の写真としてデジタル化してくれるのだ!

早速紹介する!

複数枚の写真を正確に認識し、デジタル化してくれる

スキャナーアプリは他にも色々あるが、複数枚の写真を同時に認識してデジタル化してくれるのは「Photomyne」だけだろう。従来の写真スキャナアプリのように白や黒の紙などの上に置かなくても高確率で写真の四隅を正確に読み込んでくれる。

1枚の写真をスキャンした場合

Using Photomyne Pro Album Scanner
では早速よくある写真スキャナーアプリのように1枚の写真を取り込んでみましょう!

その結果はこちら。見ての通り、四隅をしっかりと認識して1枚の写真として取り込むことに成功している。
Using Photomyne Pro Album Scanner
もちろん、読み取り内容がいまいちだった場合は自分自身で調整することも可能。アプリ内部にフィルター機能も搭載し、本の写真を再現するようなフィルターや彩度を強化するフィルターなど、複数の中から選ぶことができる。アプリ内から簡単に写真をシェアすることも可能。


取り込んだ写真は自動的に1つのアルバムとして認識される。アルバムのタイトルや作成時期、作成場所、さらには写っている人を追加することによって古い写真をデジタル化するだけではなく、そのアルバムを簡単に作ることができてしまうのだ!


適当に置いた写真を複数枚スキャンした場合

Using Photomyne Pro Album Scanner
続いて、複数の写真を取り込んでみましょう。
Using Photomyne Pro Album Scanner
その結果はこちら。
Using Photomyne Pro Album Scanner
適当に並べた写真を同時に撮っただけでそれぞれ別の写真として認識し、1つのアルバムを自動的に作成してくれた。これはお見事!実に素晴らしい!多少四隅の認識は甘いが、許容範囲でしょう!


アルバムに写真を入れたままスキャンした場合

Using Photomyne Pro Album Scanner
多くの写真は大事にアルバムに入れられて保管されていることが多い。このアルバムから取り出して1枚1枚をスキャンするという手間が面倒なので、いっそのことアルバムに入れた状態で上から写真を撮るだけで写真をデジタル化できたらどれほど便利か。

聞いて驚くべし。「Photomyne」はそれができてしまうのだ!

その結果がこちら。見開き4枚の写真入りアルバムを見事別々の写真として認識。4枚一気に取り込めるとは最高としか言いようがない!
Using Photomyne Pro Album Scanner

15名限定!「Photomyne」が無料DLできるコードをプレゼント

古い写真をデジタル化できるスキャナーアプリ「Photomyne」の実力はハイレベルだ。その使い勝手の良さは世界中でも認められ、今では累計ダウンロード数が150万件以上スキャンされた写真は3,000万枚以上となっている。

実はこのアプリ、サービス誕生してからまだ14ヶ月しか経っていない。平均して2ヶ月に1回のペースでアップデートを続けている。

その内容もワクワクするものばかり!今後のアップデートでは白黒写真の自動色付けスキャン中に写真の向きを自動的に認識する機能も追加される予定だ!

本来、「Photomyne」は480円の有料アプリだが、今回この記事を最後まで読んだ人のために合計15名にアプリを無料でダウンロードできるプロモーションコードをプレゼント!今回は細かい制限を設けないので、下記リンクをクリックまたはタップして投稿して応募完了!


もし上記がうまく機能しない場合は以下のテキストをコピペして投稿を!

古い写真を複数枚同時にデジタル化できるスキャナーアプリ「Photomyne」 #gorime http://bit.ly/2gh0x1Y

応募期間は2016年11月20日(日)まで

古い写真のデジタル化を目的としたスキャナーアプリの中では間違いなく「Photomyne」がトップでしょう!15名分のプロモーションコードを用意しているので、是非応募するべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー