iPhoneのSafariが突然落ちる不具合が発生中!暫定的な対処法あり

Safari Crash Janitors 【image via Janitors

現在、iPhoneのSafariのアドレスバーをタップするとSafariがクラッシュするという不具合が全世界的に発生している。

ハッキリ言って超迷惑だが、不具合なので仕方がない。対象となっているOSは基本的にiOS 9.2.1」以上とされているが、「iOS 8.4」でも落ちるとの報告を受けている。ベータ版でもクラッシュするとの報告がある。また、OS Xでも落ちるとの報告もある。

クラッシュを回避する暫定的な対処方法

恐らくApple側のサーバーに何か問題が発生している可能性が高く、暫定的な対処方法として「設定」アプリの「Safari」にある「Safari検索候補」をオフにすることによって落ちることを回避することができるという。

Safari Crash
また、「プライベートブラウズモード」ではこの不具合は発生しないとの報告もある。確かに先ほど確認したところ、発生しない。どうしてもSafariを使いたいという人はお試しあれ!

記事執筆時点ではクラッシュする原因は明らかになっていないが、上記方法で回避するか「Google Chrome」など別のブラウザアプリを活用するべし!


(via ITmedia ニュース

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法