うわっ…Appleの決断、早すぎ…?「Google Maps」の契約はまだ1年残ってた!?

iOS6 maps
【img via MacRumors

昨日、「Google Maps」アプリが提供されていないことが発覚したが、どうやらこれはApple自身の決断が早すぎたようだ。

The Vergeによると、Google Maps」の契約を1年残したまま独自地図アプリに切り替えたと報じている…!


契約を残したまま、Apple独自の地図アプリに切り替えた理由については以下のように書かれている。

For its part, Apple apparently felt that the older Google Maps-powered Maps in iOS were falling behind Android — particularly since they didn’t have access to turn-by-turn navigation, which Google has shipped on Android phones for several years. The Wall Street Journal reported in June that Google also wanted more prominent branding and the ability to add features like Latitude, and executives at the search giant were unhappy with Apple’s renewal terms. But the existing deal between the two companies was still valid and didn’t have any additional requirements, according to our sources — Apple decided to simply end it and ship the new maps with turn-by-turn.

iOSに搭載されている地図アプリについて、GoogleとAppleの間に意見の相違があったことは事実のようだ。

Googleは自社ブランディングを強化しLatitude機能などの機能を追加したかった一方で、AppleはiOS版「Google Maps」アプリがAndroidに搭載されているターンバイターンナビゲーションなどの機能がないことを不満に思っていたそうだ。

よって、「Google Maps」の契約は残っていたものの、同機能が実装されているApple独自の地図アプリに切り替えたとのこと。

車社会であるアメリカなのでターンバイターンナビゲーション機能の重要性は分からなくもないが、どうせ契約が残っていたのであれば無理に終わらせずもう1年提供して欲しかったなぁ…。

「Google Maps」のウェブアプリをフルスクリーンで使う方法は以下からどうぞ!

「Google Maps」のウェブアプリをフルスクリーン表示する方法! | gori.me

(via MacRumors

もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい