2017年のiPhoneは全面ガラス筐体を採用、ハイエンドモデルのみ縁がステンレススチール製に?!

IPhone 7 Plus Jet Black
iPhone 7」「iPhone 7 Plus」が発売開始されたばかりだが、来年予定されているメジャーアップデートモデルに関する情報も早速舞い込んできている!


KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年に発表するiPhoneは全モデルが全面ガラスの筐体を採用すると発表している!また、基本的にはアルミ製の縁を採用するものの、ハイエンドモデルのみステンレススチール製の縁が採用されると伝えている!

今後は通常モデルとハイエンドモデルの差を明確に?!

2017年のiPhoneがガラス製の筐体を採用するという噂は以前も報じられていた。過去に「iPhone 4」と「iPhone 4s」ではフロントパネルとバックパネルに全面ガラスを採用し、ステンレススチールのバンドで繋ぎ合わせていたことから、今回伝えられていた来年のハイエンドモデルは「iPhone 4/4s」に似たような作りになると考えられる。

筐体が全面ガラスというのは今回のジェットブラックモデルのような美しさを放つことは想像できるが、同時に傷付きやすさの心配が頭をよぎる。


これについて、ガラスを採用することによって本体が傷付きづらくなると指摘。また、3人に1人が購入したと言われているジェットブラックモデルに見られるような歩留まり率の低さも解消することができると期待される。


ところで、すべてのモデルが全面ガラス筐体を採用するということはシルバー・ローズゴールド・ゴールドもジェットブラックのような仕上がりになるということなのだろうか。マットブラックは一体どうなるのだろうか。まさかの廃止?!

Appleは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」においてジェットブラックモデルを128GB/256GBモデル限定のカラーにしたが、爆発的に売れている。来年もこの戦略を使い、通常モデルとより明確な差をつけ、ハイエンドモデルにはより手間の掛かった高級感のある美しい仕上がりにするのではないかと予想される。

既にこれまで5.8インチモデルが投入されるという情報は既に複数の情報筋から報じられ、デュアル曲面ディスプレイを搭載した「iPhone Pro」を加えて3モデル展開になるという噂もある。

2017年のiPhoneは10周年記念モデルであるため、Appleも相当な気合いが入っていると思われる。ネーミングも噂通り「iPhone 8」なのか、それとも思い切って「iPhone」に回帰するのだろうか。

期待と謎は膨らむばかりだ。

(via 9To5Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ