ARMベースのMac、2021年前半までに発表か

iPhoneやiPadと同様に、今後18ヶ月以内にMacもApple製のプロセッサーを搭載する見通し

Fabian grohs rsQZm3wNu0I unsplash macbook pro 13

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleが12〜18ヶ月以内にARMベースのMacを発表すると予測している。現行のMacはすべてIntel製のプロセッサーを内蔵しているが、新モデルはAppleが独自開発したチップを採用する。

新型コロナウイルスの影響で、Appleは5nmプロセスチップに対する投資を強化している。5nmプロセスチップは、噂されているARMベースのMacにも搭載されるが、今年発表される「iPhone 12」シリーズやミニLEDディスプレイを搭載した新型iPad Proにも内蔵される見通しだ。

アプリが正常に動作するための移行ツール、WWDC 2020で発表か

IntelチップからARMチップへの移行することで、Appleはハードウェアとソフトウェアの連携力を強化できるとともに、Intelの開発状況に影響されることなく内部仕様のアップグレードや新モデルの投入が可能になる。

一方でMacアプリを開発するデベロッパーにとっても大きな変化となる。Appleは2006年、MacのプロセッサーをPowerPCからIntelに切り替えたが、その際に2年間の移行期間を設けている。

デベロッパーのSteve Troughton-Smith氏は、開発者向けの移行ツールを今年のWWDCで発表する可能性もあると指摘。

一方でApple関連の情報に定評のある「Daring Fireball」のJohn Gruber氏は、MacでiPadアプリを動作可能にする「Project Catalyst」が移行の役割を担っている予想している

Kuo氏の予測が正しければ、ARMベースのMac登場に向けて今年のWWDCでは何かしらの動きがあるかもしれない。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年06月17日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索