学生みんなが特待生。

「iWatch」は9月9日に「iPhone 6」と同時発表?!

Another iwatch concept

来月9月9日はAppleファンにとって過去にないほど忙しい1日になりそうだ。当日夜通し起きている人は今からレッドブル眠眠打破の調達をしておいた方がいいかもしれない。

Re/codeによると、Appleは来月に実施されることが予定されている9月9日の「iPhone 6」の発表イベントにてApple初のウェアラブルデバイス「iWatch」を発表すると報じている!

iOS 8」の「Health」と連携するウェアラブルデバイス?!

Re/codeといえば9月9日に次期iPhoneのスペシャルイベントが開催されることを報じたメディアの1つ。「iWatch」が「iPhone 6」と同時に発表されるというのは信ぴょう性が高そうだ。

7月末には「iPhone 6」の5.5インチモデルと「iWatch」は12月に発売されると報じられていたが、最新の情報ではリリースが2015年にずれ込むと言う情報も上がっていた。AppleジャーナリストJohn Gruber氏は自身のブログDaring FireballにてAppleは「iWatch」を9月に発表する、と書いていたが、これは単なるジョークだったとのこと。

とは言え、本日Re/codeによると9月9日に「iWatch」が発表されるらしい。特に根拠がある訳ではないが、個人的にもこのように考える理由がある。

「iWatch」のプレゼンに「iPhone 6」は必要不可欠

「iWatch」は単体でも利用できると思われるが、「iOS 8」の「Health」アプリと連携、つまりiPhoneと連携することによって最大の力を発揮できるものと思われる。だとすれば、少なくとも「iWatch」はiPhoneと同時に発表する可能性が高い。

Appleはプレゼンにおいてストーリー性を非常に大事にする。ユーザーが「iWatch」を身に付けてどのようなユーザーエクスペリエンスを得られるのか。身に付けているだけでどれだけ便利になるのか。そのような情報をストーリーの中に組み込むとすれば、製品単体で発表イベントをするのではなく、次期iPhoneの存在はプレゼンの場において必要不可欠となる。

ただし、あくまでもその場で発表するだけで、実際の発売は2015年以降になるのではないだろうかとも思う。開発が難航しているという情報もある上に、先日書いたこの記事でも紹介した通り、完全に新しいジャンルの製品は発表から発売までタイムラグがある傾向にある。

よって、「iWatch」は9月9日に「iPhone 6」と同時発表と言うのは大いに納得できる。そしてテンションが上がる、上がる!

楽しみだ!

(via Re/code