Apple、東芝の半導体事業に「少なくとも数千億円」の出資を検討中か

IPhone SE分解レポート

NHKは14日、経営再建中の東芝が売却を計画している半導体事業に少なくとも数千億円の出資を検討していると報じている

Appleは日米で「東芝メモリ」の株式を過半数確保する形で買収を目指しているとのこと。狙いとしてはiPhoneなどの製品に使用されている半導体を安定して調達する態勢を整えることが狙いだという。

既に東芝メモリの買収にはアメリカの半導体大手Broadcomや投資会社KKRなどが名乗りを上げている他、複数の日本企業が共同で出資する構想もあるという。

日本政府は東芝のフラッシュメモリーの技術が機密情報を管理するデータセンターなどにも使用されていることから、その技術が国外に流出する懸念もあると指摘。日本の機密保持や安全保障の観点から問題があると見られている。

最終的にどこに売却されるのか、今後の動向に注目が集まる。