WWDC 2021、オンライン開催が濃厚か

同時期に開催される大型イベントがすべてオンライン開催を決定している

Apple wwdc announcement ready set code 05052020

Appleは、毎年開催している「WWDC」(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)をオンライン開催する可能性が高い。MacRumorsは、WWDCと同時期に開催されている「コミコン・インターナショナル」、「アニメ・エキスポ」、「E3 2021」などの大型イベントはすべてオンライン開催決定を理由に、WWDCも同様の措置を取ると予測している。

2021年も映画クオリティのキーノート映像が期待できそう

昨年のWWDC(WWDC20)は、Apple史上初めてオンライン開催イベントとして実施。Apple Developerのアプリおよびウェブサイトを通じてすべてオンラインで行われ、例年参加者に掛かっていた1,599ドル(約17万円)の参加費用を無料化。すべての開発者を無料で参加可能にした。

WWDCでは、イベントの初日に行われるキーノートで次期iOSやmacOSが正式発表される。例年はソフトウェア中心の発表だが、稀にハードウェアの発表もある。

WWDCは例年6月上旬に開催、日程発表は3月半ば

WWDCは例年6月上旬に開催されるが、WWDC20は新型コロナウイルスの影響により6月22日より開催された。日程の発表は過去3年間、3月14〜15日に行われている。

開催年度 開催日程 開催の発表日
WWDC20 6月22日〜26日 3月14日
WWDC19 6月3日〜7日 3月15日
WWDC18 6月4日〜8日 3月14日
WWDC17 6月5日〜9日 2月16日
関連キーワード
特集
公開情報
更新日2021年03月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「WWDC」新着記事
トレンド検索