【知ってた!】iOSアプリは「無料 + アプリ内課金(フリーミアム)」モデルが最も儲かることが明らかに!

iPhone 5s front apps
iPhoneアプリを開発して一獲千金を狙っている皆さん!儲けたいのであれば採用するべきビジネスモデルは1つだけ!

既に分かり切っていると思うが、やはりApp Storeで儲けるためには「無料 + アプリ内課金」モデル、俗に言うフリーミアムモデルが最も効果的であることが明らかになった!

フリーミアムモデルほとんどのカテゴリにおいても儲かる!

過去にも「儲けるならフリーミアムモデル!無料アプリのアプリ内課金がApp Storeの売上のうち7割以上を占める!」という記事を今年の3月に紹介したが、9ヶ月後である今でもその状況には変わりがないようだ。

App Storeにある主要カテゴリ10個を対象に、各アプリが採用しているビジネスモデルとその割合を調べたところ、無料アプリとして販売しアプリ内課金を提供する仕組みがほとんどのカテゴリにおいて効果的であることが明らかになった。

App Pricing
特に「Newsstand(ニューススタンド)」「News(ニュース)」「Games(ゲーム)」カテゴリはフリーミアムモデルを採用しているアプリがカテゴリにおける90%以上の売上を生み出しているとのこと。続いて「Social Networking」や「Books」が全体の88%、77%と割合は高い。

一方、「Productivity(仕事効率化)」と「Navigation(ナビゲーション)」のカテゴリに属するアプリは有料アプリの方が売上があるようだ。カテゴリによって効果的な戦略は異なるようなので、今後新規でアプリを投入する予定があるデベロッパーはこれらの情報を考慮した方がいいかもしれない!

(via Mashable

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!