App Store、ガチャ課金の確率表記を義務化

Krissia cruz 362015 loot boxes unsplash

Appleが「App Store Review Guidelines」を更新し、ガチャ課金機能を提供する場合、確率表記が義務化されたことが明らかになった。

「3.1.1 In-App Purchase(3.1.1 App内課金)」では、ガチャ課金のようなランダム化されたバーチャルアイテムをアプリ内課金として提供する場合、ユーザーが課金する前に確率表記を明示する必要がある、と記されている。

Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.

記事執筆時点では「App Store審査ガイドライン」はまだ更新されていない。

Appleが義務化したガチャ課金の確率表記がどの程度のことを指しているのか、どのような表記が承認されるのか、詳細は一切明かされていない。

多くのゲームアプリはガチャ課金機能またはそれに似た機能を提供していることから、このガイドライン変更は影響範囲が広そうだ。

(via The Verge