App Storeの歴代人気アプリランキング、上位5位のうち4アプリがFacebook傘下

Top iOS Apps from 2010 to 2018

App Storeがサービスローンチして以来、1,700億回以上ダウンロードされたアプリが200万本も存在し、そのうち1万本は売上が100万ドル以上だという。

App Storeが公開されたのは2008年7月10日。10周年に先立ち、App Annieがこれまでのダウンロード数をもとにした人気アプリランキングなどを公開している!

2018年で最もダウンロードされているアプリは「Tik Tok」

公開されたデータは、App Annieがサービスを開始した2010年からとなっているが、その頃の人気アプリと2018年を比較すると時代の変化を感じ取ることができる。

例えば、2010年には連絡先を交換するためのアプリ「Bump」や音楽を聞き取ることができる「Shazam」などがトップ10にランクイン。一方、2018年はいずれもなく、「Tik Tok」が「YouTube」や「Instagram」などの競合を抑えて1位を飾っている。

2010年の人気アプリ
(ダウンロード)
2018年の人気アプリ
(ダウンロード)
Talking Tom Cat Tik Tok
Facebook YouTube
Skype Facebook Messenger
Windows Live Messenger Instagram
Twitter Facebook
Google WhatsApp Messenger
Shazam WeChat
Google Earth Google Maps
Bump Snapchat
Netflix Gmail

一方、2018年における使用時間が最も長いアプリのランキングは「Netflix」が1位。「Tencent Video」や「YouTube」など動画サービスが多数ランクイン。

2010年はドキュメントアプリやナビゲーションアプリなどの実用的なツールアプリが上位だった。時代の変化に伴い通信環境の改善によって消費するコンテンツが変わってきていることも伺える。

2010年から2018年までの期間において最もダウンロード数の多いアプリは「Facebook」。「Facebook Messenger」が2位、「YouTube」が3位。4位に「Instagram」、5位に「WhatsApp Messenger」がランクインし、上位5位のうち、4本はFacebook傘下となっている。

同じく全期間を対象とした、最も消費時間が長いアプリの1位は「Netflix」。2位は「Spotify」、3位は「Pandora Radio」となっていた。「LINE」は6位。

地域別で見るApp Storeの市場規模は、米国(401億DL)が中国(399億DL)に僅差で1位を獲得。日本は3位だが、95億DLと一気に桁が1つ減る。

とは言え、App Storeのダウンロード数に関して日本が米国、中国に続く位置にいるということは非常に興味深い。

詳細はこちらからどうぞ

(via 9to5Mac