Tweetbot、最新のアップデートでストリーミング含む一部機能を廃止、プッシュ通知も一部終了

Tweetbot 4 update 01

もうタイムラインのストリーミング機能も、リアルタイムのプッシュ通知も、Apple Watchアプリも使えない……全部Twitterのせいだ……!

Twitterが「User Streams API」を8月16日に廃止する決定を下したことに伴い、「Tweetbot 4 for Twitter」は最新アップデートで一部機能を制限または廃止することを発表した。

いいね、リツイート、フォロー、引用のプッシュ通知は廃止

アップデート内容によると、最新のアップデートで廃止または制限された機能一覧は下記の通り:

  • Wi-Fi環境におけるタイムラインのストリーミング機能は廃止。タイムラインは1〜2分おきに更新される仕様に。
  • メンションおよびダイレクトメッセージのプッシュ通知は数分間の遅延が発生する仕様に。
  • いいね、リツイート、フォロー、引用のプッシュ通知は廃止。これらのプッシュ通知は将来的に復活できるように調査を進めている。
  • 「スタッツ」と「アクティビティ」が確認できるタブが廃止
  • Apple Watch用アプリを提供終了

このアップデートはTweetbot側ではどうにもできず、Twitterの方針変更にやむなく従った不本意な仕様変更であり、非常に残念。

使っているうちに適応するかもしれないが、リアルタイム性がTwitterの最大の魅力であることを考えると、それを愛用しているアプリで使えなくなるのは非常に辛い。

なお、この仕様変更から免れるためにアップデートを避けるのは無意味だ。あくまでもTwitter側の仕様変更の煽りを受けて実施されているため、アプリをアップデートしなくても該当する機能は利用できなくなる。