Clubhouse、投げ銭機能「Payments」を発表 クリエイターの取り分は100%

一部のクリエイターを対象に機能の提供を開始、正式リリース時期は未定

Clubhouse Payment Service

Clubhouseは現地時間4月5日、投げ銭機能「Payments」発表した。一部のクリエイターを対象に先行して提供し、フィードバックをもらいながら機能のブラッシュアップを行い、最終的に正式機能としてリリースする計画だ。一般公開の時期は明らかにしていない

一般的にはプラットフォーム側は3割程度の手数料を取る

支援したいクリエイターがいる場合、クリエイターのプロフィールをタップし、画面下部に出現する送金ボタンをタップ。支援したい金額を入力し、送金を完了する。初回はクレジットカードまたはデビットカードの入力が求められる。

Clubhouseによると、クリエイターは送金された金額を全額受け取れるという。一般的にはクリエイターとサービスプラットフォームが金額を分け合う仕組みになっているが、Clubhouseは「何も受け取らない」としている。YouTubeのスーパーチャットは、金額の30%をYouTubeが受け取り、残り70%をクリエイターの手に渡る。

決済サービスは、オンライン決済サービスのStripeを使用。決済手数料は送金するユーザーが負担する。

日本国内では、リリース当初の熱狂的なブームに比べて一段落した印象がある。しかし送金機能が実装されるとなれば、多くのクリエイターが戻ってくる可能性がある。

Clubhouseや投げ銭関連ニュース

4本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年04月06日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索