「Office for Mac 2011」、10月10日をもってサポート終了

Office for mac 2011

Microsoftは10月10日、「Office for Mac 2011」のサポートを完全に終了した。

同社は「Office for Mac 2011」が「macOS 10.13 High Sierra」をサポートせず、サポートを終了することを以前から予告していた。今後はセキュリティプログラムを含むアップデートは配信されず、継続して利用する場合は自己責任となる。

既に「Office for Mac 2011」をインストールしている場合、使用できる機能に影響はない。また、「Office 2016 for Mac」をインストール後も2011年バージョンを残すこともできると案内されている