「Adobe CC 2019」、推奨メモリ(RAM)を一部引き上げ

Adobe CC on Mac Dock

今のマシーンのままでは「Adobe CC 2019」が快適に動作しないかも?!

Adobeは「Adobe Creative Cloud 2019」の一部製品において、最小メモリ容量および推奨メモリ容量を引き上げているMacお宝鑑定団Blogが伝えている。

「Adobe CC 2019」はマシーンスペックが求められる

これまで「Illustrator CC 2018」「Indesign CC 2018」「Incopy CC 2018」はいずれも最小2GB、推奨8GBで動作していたが、2019からは最小4GB、推奨16GBになった。

また、「Premiere Pro CC 2018」は16GB、「Prelude CC 2018」は8GBのRAMが推奨されていたが、2019からは32GBまで引き上げられている他、4GB以上のGPU VRAMが推奨システム構成として加わっている

「Photoshop CC」は最小2GB、推奨8GBのままで変わらずに利用できる。以下、変更内容をまとめたので参考にどうぞ!

2019 2018 必要システム構成
Illustrator CC 4 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨) 2 GB 以上の RAM(8 GB 以上を推奨) Illustrator CC:必要システム構成
InDesign CC 4 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨) 2 GB 以上の RAM (8 GB 以上を推奨) InDesign の必要システム構成
InCopy CC 4 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨) 2 GB 以上の RAM(4 GB 以上を推奨) InCopy の必要システム構成
Adobe Premiere Pro CC 16 GB の RAM(32 GB 推奨)
4 GB の GPU VRAM
8 GB の RAM(16 GB 以上を推奨) Adobe Premiere Pro CC 必要システム構成
Prelude CC 16 GB の RAM(32 GB 推奨)
4 GB の GPU VRAM
4 GB の RAM(8 GB 以上を推奨) Prelude の必要システム構成
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索