Adobe Illustrator、InDesign、Lightroom ClassicがAppleシリコンMacにネイティブ対応

M1 Macをネイティブサポートするユニバーサルアプリに

Adobe m1 apps

Adobeは6月8日、Adobe Illustrator、InDesign、Lightroom Classicを最新バージョンにアップデート。AppleシリコンMac(M1)にネイティブ対応した。Intel Macと比べたパフォーマンスは、llustratorが65%、InDesignが59%向上すると明らかにしている

ネイティブアプリ対応でパフォーマンスが劇的に向上

Illustrator

Illustrator Benchmarks adobe

Adobeによると、最新のIllustratorはM1 Macでファイルの作成および起動が従来よりも4倍高速化し、複雑なベクター画像のスクロールパフォーマンスは390%向上している。31個のアートボードを持つファイルを開く時間は119%高速化されているそうだ。

InDesign

InDesign benchmarks adobe

InDesignは、M1 Macでグラフィック負荷の高いファイルを開く時間は185%高速化、100ページ分のスクロールパフォーマンスは78%向上している。

Premiere Proの最新ベンチマーク情報

Premiere Proは引き続きベータ版だが、Adobeは新たなベンチマークスコアを公開。Intel Macと比べて、動作は平均77%向上。起動は50%、プロジェクトの起動は77%、プロジェクトの保存は168%、グラデーションワイプは90%、レンズフレアは66%、高速化していると説明している

関連情報
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:604368)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:604316)
    はぁー出てほしかったわーーーーー(T_T)もう少しの辛抱かしら……

    16inchユーザーは一年半以上は新型リリースされてないのできびしいですよね。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:604345)

    M1対応のIllustrator、日本語版は現時点ではまだインストールできない様です。
    しばらくBeta版を使っていますが、Rosseta2で動作させた際に発生していた不具合も解消されており、超快適に使えています。自分が使っている範囲では不具合には遭遇していません。動作も本当に速い。

  3. g.O.R.i(コメントID:604316)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:604315)
    これWWDCの前日とかにネイティブ対応してたらさらにMacBook Pro16がリリースされるって騒がれてたんだろうなぁって思います。

    はぁー出てほしかったわーーーーー(T_T)もう少しの辛抱かしら……

  4. 通りすがりの読者(コメントID:604315)

    これWWDCの前日とかにネイティブ対応してたらさらにMacBook Pro16がリリースされるって騒がれてたんだろうなぁって思います。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索