ソフトバンクオンラインショップ

Microsoft、Officeの買い切り版を2021年後半にリリースへ

買い切りでExcel、Powerpoint、Wordなどの定番ソフトウェアが利用可能に

Romain v vi7CPVeEqNo unsplash

Microsoftは、Officeアプリケーションの買い切り版を準備している発表した。WindowsおよびMac向けに、2021年後半までに発表するという。価格やプラン名などの詳細は明らかになっていない。

Microsoftは、一般向けのOffice製品をサブスクリプション型(Microsoft 365)に移行済み。Macユーザーは、年額12,984円の「Microsoft 365 Personal」(旧Office 365 Solo)、または永続ライセンスで38,284円の「Office Home & Business 2019」が選べる。

Microsoft 365 plans japan
Office スイートとサブスクリプションの比較より

Microsoftは今年8月、「Office 2016 for Mac」のサポートを2020年10月13日に終了すると発表した

(Source: Windows Central via MacRumors

関連情報
更新日2020年09月25日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. YOSHI-P

    もうOffice 2022(仮)の発表ですか、まだMOS Expert 2019の試験の受付が始まってすらいないのに…

「Microsoftニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索