エクセル、最新バージョンでAppleシリコンMacをサポート

バージョン16.57でM1/M1 Pro/M1 Maxチップ搭載Macにネイティブ対応

Excel for Mac 01

Microsoft Excelが、最新バージョン(16.57)でAppleシリコンをネイティブサポートした。リリースノートによると、Power Query(データを取得&変換)が対応しており、Rosetta 2で動作させる必要がなくなったという。

ネイティブサポートは、買い切りのOffice 2019 for Mac、Office LTSC 2021 for Mac、Office 2021 for Macでも適用される。M1M1 ProM1 Maxチップが動作するMacで対象となるExcelを使っている場合、パフォーマンスの向上および使用電力の効率化が見込める。

最新バージョンへのアップデートは、Microsoft AutoUpdateから。アプリを起動し、メニューバーの「ヘルプ」から「更新プログラムのチェック」から実行できる。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索