Apple、Mac向け「iWork」をアップデートーー「Keynote 7.1」「Numbers 4.1」「Pages 6.1」をリリース

Mac Keynote Numbers Pages

2017年3月28日、AppleはMac向け「iWork」をアップデートし、「Keynote 7.1」「Numbers 4.1」「Pages 6.1」をリリースしている。

MacBook Pro 2016」を使っている人であれば、「Touch ID」を利用してパスワードで保護されたファイルを素早く開くことができるようになっている。

各アプリのリリースノートは続きからどうぞ!

Keynote、Numbers、Pagesのアップデート内容

「Keynote バージョン 7.1」の新機能

• 新しいオブジェクトリストを使って、複雑なスライドでもオブジェクトを簡単に選択、編集、整理
• 暗い場所でプレゼンテーションをするときに発表者ノートを読みやすくする、ノートを黒い背景にする新しい表示オプション
• プレゼンテーション全体でフォントを簡単に置き換え
• 円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
• Touch Barを搭載した新しいMacBook Proで、パスワード保護されたプレゼンテーションをTouch IDですばやく開く
• 株価や通貨に関する新しい関数を使って、表内の株式データを最新の状態に維持
• Medium、WordPress、その他のWebサイトにインタラクティブなプレゼンテーションを投稿
• Keynote 1.0のプレゼンテーションを読み込み
• 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ

「Numbers バージョン 4.1」の新機能

• 株に関する最新情報や過去の情報をスプレッドシートに簡単に追加
• Touch Barを搭載した新しいMacBook Proで、パスワード保護されたスプレッドシートをTouch IDですばやく開く
• 円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
• スプレッドシート全体でフォントを簡単に置き換え
• スプレッドシートの共同制作中に、シートをカット、コピー、ペースト、複製
• 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ

「Pages バージョン 6.1」の新機能

• ブックマークを追加して、書類の一部を別の部分と簡単にリンク
• LaTeXまたはMathML表記の洗練された方程式を追加
• Touch Barを搭載した新しいMacBook Proで、パスワード保護された書類をTouch IDですばやく開く
• 書類全体でフォントを簡単に置き換え
• リッチテキストフォーマット(RTF)書類を読み込み/書き出し
• 円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
• 株価や通貨に関する新しい関数を使って、表内の株式データを最新の状態に維持
• 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ

FOLLOW / 最新情報を購読