「iWork for iOS」がアップデート、Apple Pencilによる選択とスクロールが可能に

Keynote Pages Numbers 2

Appleは15日、「iWork for iOS」をアップデートし、「Keynote 4.1」「Numbers 4.1」「Pages 4.1」をリリースしている。

いずれのアプリケーションも「Apple Pencil」で選択とスクロールを行える新しいオプションが追加されている。各アプリのリリースノートは続きからどうぞ!

Keynote、Numbers、Pagesのアップデート内容

「Keynote バージョン 4.1」の新機能

  • オーディオをページ上で直接、簡単に録音、編集、および再生できます。
  • スマート注釈マークがテキストの編集内容に応じて自動的に伸びたり折りたたまれたりします。
  • 描画モードとスマート注釈モードがiPad上ですばやく切り替わります。
  • “設定”>“Pages”に、Apple Pencilで選択とスクロールを行える新しいオプションが追加されました。
  • 図形およびテキストボックスでのテキストの変更をトラッキングできます。
  • ページレイアウト書類の背景にカラーとイメージを追加できます。
  • 縦棒グラフと横棒グラフの棒の角を丸めることができるようになりました。
  • LaTeXまたはMathML表記の方程式をページレイアウト書類に追加できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使って書類の魅力を高めることができます。
  • 図形およびテキストボックスをグラデーションやイメージで塗りつぶせます。
  • テンプレートをカテゴリ別に簡単にブラウズできます。
  • 発表者モードを使って、書類ごとに異なる自動スクロール速度を設定できます。
  • アラビア語およびヘブライ語のサポートが強化されました。

「Numbers バージョン 4.1」の新機能

  • オーディオをスプレッドシート内で直接、簡単に録音、編集、および再生できます。
  • “設定”>“Numbers”に、Apple Pencilで選択とスクロールを行える新しいオプションが追加されました。
  • 縦棒グラフと横棒グラフの棒の角を丸めることができるようになりました。
  • LaTeXまたはMathML表記の方程式を追加できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスプレッドシートの魅力を高めることができます。
  • 図形およびテキストボックスをグラデーションやイメージで塗りつぶせます。
  • テンプレートをカテゴリ別に簡単にブラウズできます。

「Pages バージョン 4.1」の新機能

  • 既存のスライドを編集したり、新しいマスタースライドを作成したりできます。
  • オーディオをスライド上で直接、簡単に録音、編集、および再生できます。
  • “設定”>“Keynote”に、Apple Pencilで選択とスクロールを行える新しいオプションが追加されました。
  • プレゼンテーションをムービーやイメージとして書き出せます。
  • 縦棒グラフと横棒グラフの棒の角を丸めることができるようになりました。
  • LaTeXまたはMathML表記の方程式を追加できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスプレッドシートの魅力を高めることができます。
  • 図形およびテキストボックスをグラデーションやイメージで塗りつぶせます。
  • アラビア語およびヘブライ語のサポートが強化されました。
あわせて読みたい