iWork for iOS、最新アップデートでダークモードやカスタムフォント、外部ドライブ/サーバーへのアクセスも可能に

iPadOSでは、複数のスペースでアプリを使用したり、Split Viewで2つの書類を並べて編集することが可能に

Keynote Pages Numbers 2

「iWork for iOS」の各アプリがアップデートされた。

最新バージョンではダークモードを有効にしてコンテンツを強調でき、App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用可能に。書類全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有でき、USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできる。

新しい「iOS 13」および「iPadOS 13」のテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応し、iPadOSでは複数のスペースでアプリを使用したり、「Split View」で2つの書類を並べて編集したりできる。

各アプリのリリースノートは下記からどうぞ!

Keynote、Numbers、Pagesのアップデート内容

「Pages バージョン 5.1」の新機能

  • ダークモードを有効にしてコンテンツを強調できます。*
  • iPadOSでは、複数のスペースでPagesを使用したり、Split Viewで2つの書類を並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。*
  • 基本テンプレートから作成されたすべての新しい書類に使用されるデフォルトのフォントとフォントサイズを設定できます。
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。*
  • 書類全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。*
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。*
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。*
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

*iOS 13またはiPadOSが必要です

「Numbers バージョン 5.1」の新機能

  • ダークモードを有効にしてコンテンツを強調できます。*
  • iPadOSでは、複数のスペースでNumbersを使用したり、Split Viewで2つのスプレッドシートを並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。*
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。*
  • スプレッドシート全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。*
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。*
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。*
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

*iOS 13またはiPadOSが必要です

「Keynote バージョン 5.1」の新機能

  • iPadOSでは、複数のスペースでKeynoteを使用したり、Split Viewで2つのプレゼンテーションを並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。*
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。*
  • プレゼンテーション全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。*
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。*
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。*
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

*iOS 13またはiPadOSが必要です

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索