Manfrottoのボール雲台をアルカスイス互換に換装する方法

L字プレートを活かすべく、Manfrottoのトラベル三脚「Befreeアドバンス」のプレートをアルカスイス互換に変更

From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 10

三脚を買うなら最初からしっかりとしたものを買ったほうが良い、という先人の知恵に学び、昨年末にManfrottoのトラベル三脚「Befreeアドバンス」を購入した。

ボール雲台の搭載、1.25kgの軽さ、最大8kgの耐荷重、折畳時41cmのコンパクトさが決め手だったが、センターボール雲台「MH494-BH」はクイックリリース構造を採用。付属するプレート「200LT-PLプレート」はアルカスイスと互換性があるものの、クイックリリースの構造上、L字プレートは使用できない。Manfrotto純正のL字プレートを使う手もあるが、プレート単体で320gもあり即却下。

From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 12
クイックリリースは便利だが、L字プレートは使えない

解決策は、Manfrottoボール雲台のアルカスイス互換に換装すること。Manfrottoの携帯性を活かしながら、より幅広いアルカスイス互換製品が利用可能になる。

Manfrottoのボール雲台をアルカスイス互換に換装するまで

アルカスイス互換雲台に変更するためのアイテム

換装手順は、同じくbefreeアドバンスを使っていた「登山を楽しもう」の解説記事を参考にした。Manfrottoのクランプをアルカスイス互換のものに変換するボスと、アルカスイス互換のNeewer製アルミクランプを購入。六角レンチはボスに同梱されているため、工具の用意は不要だ。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 01

Manfrotto→アルカスイス互換への換装手順

Manfrottoの雲台を外す

早速Manfrotto befreeアドバンスを改造する。まずはManfrottoのクイックリリースプレートを外す。中央にある六角ネジを外すだけだが、それなりに力が必要。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 02

クイックリリースプレートが外れた。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 03

クランプを外した状態がこちら。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 04

変換ボスを取り付ける

次に変換ボスを取り付ける。上下があるが、2つに分かれているほうをアルカスイス互換プレートに取り付けるため、上に向くように載せる。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 05

以下の写真のような状態になっていれば、正解だ。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 06

アルカスイス互換プレートを取り付ける

最後にアルカスイス互換プレートを取り付ける。アルカスイス互換プレートにはネジ径を変換するネジ。今回は使用しないため、予め取り外しておこう。

Manfrottoのクイックリリースプレートの硬さを思い出し、換装したアルカスイス互換プレートはしっかりと締めよう。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 07

アルカスイス互換プレートでL字プレートが活きる

アルカスイス互換のプレートに換装したことで、今まで通り使うこともできる。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 08

またL字プレートを雲台の真上に取り付けることができ、重心の位置を揃えられるようになった。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 09

三脚としての使い勝手は変わっていない。プレートのサイズはほとんど変わらず、脚の間に収まっている。
From Manfrotto to ArcaSwiss Plate 11

Manfrottoのトラベル三脚「Befreeアドバンス」は、持ち運びが苦にならない三脚だ。今まで三脚を使う機会がなかった僕が撮影時に「今日は三脚も持っていこう」と思うためには、軽さとコンパクトさは重要。アルカスイス互換に換装したことで、さらに使い勝手が良くなった。

関連キーワード
特集
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラアクセサリー」新着記事
トレンド検索