Facebook、ミュージックビデオをタイムラインに流すことについて音楽レーベルと交渉中か

Facebook Timeline

先日、Facebookが音楽レーベルと話し合いを行なっていることから、世界最大のSNSも音楽ストリーミングサービスに参入するとの憶測が流れたが、結果的にFacebook側が否定し、そのような取り組みをする予定はないことが明らかになった。

今、Facebookが意識しているのはYouTubeが占領している動画市場。シェアをもぎ取ろうとこれまでも数々の施策に取り組んできたが、音楽レーベルと話し合いを行なっているのはその一環のようだ。

BillboardThe New York Timesによると、Facebookはアーティストのミュージックビデオをタイムラインに流すことについて音楽レーベルと交渉していると報じている!

YouTubeより不正コンテンツ対応が早いことをアピール

YouTubeにおけるミュージックビデオの占める再生数の割合は非常に高い。Wikipediaによると2015年6月10日時点における最も視聴されたYouTube動画上位30位はすべてミュージックビデオとなっている。

Billboardによると、FacebookはYouTubeと同じ料率(アーティスト側に55%)でサービスを提供すると伝えているが、The New York TimesYouTubeよりも高い料率を提案していると伝えている。さらに、YouTubeよりも素早く不正コンテンツを対応できることをアピール。どちらも公言通り実現されればアーティストとしてもYouTubeより魅力的なプラットフォームになるかもしれない。

実現した場合、Facebookのタイムラインに無差別に流すのか、ユーザー層をターゲティングして流すのかは不明だが、今まで以上にFacebookのタイムラインが騒がしくなりそうな予感だ。

(via The Verge