クリスプサラダワークス、東京駅に新店舗を12月22日にオープンへ

Crsip Tokyo Marunouchi

「ヘルシーで健康的なファストフード」として海外で人気を集めている「チョップドサラダ」の専門店「クリスプ・サラダワークス」が東京駅丸の内に新店舗を2018年12月22日にオープンする。

2014年12月15日にオープンした1号店の麻布十番店以来、2号店の恵比寿店、3号店の六本木店と続き、2017年4月16日には4号店として代官山、同年7月22日に5号店として広尾、2018年3月28日には6号店として六本木一丁目、同年7月28日には7号店として青山にオープンしている。丸の内店は8店舗目となる。


クリスプサラダワークスでは好みのベース(ロメインレタス・ほうれん草・ワイルドライス)を決め、トッピング(生野菜や数種類のチーズ、自家製クルトンやナッツ・豆類、温かいグリルドチキンや雑穀米など)を選び、最後にスタッフが半月状の特殊なナイフで好みの大きさにサラダをチョップし、ドレッシングと和えて提供される。

用意されてるトッピングは約30種類。自分でオリジナルのトッピングを選ぶのは難しい、という人のために決まったメニュー(「シグネチャーサラダ一」と呼ばれている)も用意されている。

赤坂周辺に住んでいる人はもちろんのこと、日々のハードワークで健康が偏りがちな人はオープン後、是非一度食べてみるべし!

Crisp App

あわせて読みたい