ソフトバンクオンラインショップ

本日オープンのb8ta(ベータ)有楽町店に潜入!おもしろガジェットを試せる最先端の体験型ストア

ネットで話題になったクラファン製品などを実際に体験できる!ガジェット好きはめちゃくちゃ楽しめるはず

近未来的なGoogleブース、販売中の製品を体験可能

B8ta Yurakucho 13

有楽町店には「エクスペリエンスルーム」と呼ばれる、出品ブランドの世界観を体現した半個室の区画が用意されている。オープン時はGoogleが出展している。

光るGoogleロゴを中心に、国内で購入できるすべての商品が展示されている。購入はできず、あくまでも体験に絞っている。

Pixel 4の、暗部と明部を別露出として調整できる「デュアル露出補正」機能も体験できる。
B8ta Yurakucho 02

もちろん自身のスマホで写真撮影も可。「#b8taでgoogle」のハッシュタグでツイートするとノベルティがもらえる。
B8ta Yurakucho 04

僕ももちろん、記念撮影!
B8ta Yurakucho 90

b8taは展示されている商品の横に、商品説明や動画などを閲覧できる専用のタブレット端末が用意されている。サイズがGoogleのNest Hubシリーズとそっくりなので、見間違えのないように!

B8ta Yurakucho 11
左がNext Hub Max

B8ta Yurakucho 12
左がNext Hub

画期的アイテム多数!店舗に行きたくなったCAINZ

B8ta Yurakucho 49

エクスペリエンスルームには、ホームセンターのCAINZ(カインズ)も出展。名前以外詳しく知らないブランドだったが、画期的な商品が多数展示されており、一気にファンになってしまった。

例えばこのおしゃれな折り畳み自転車「スライク」は、カインズ製。3秒で折り畳むことができることが強みだ。重さは15.4kg、価格はわずか22,800円。
B8ta Yurakucho 48

その場で買いそうになった製品が、「どこでも背もたれになるリビング枕」。
B8ta Yurakucho 47

14段階の角度調整が用意された、座椅子の機能を持つクッション。見た目がシンプルで場所を選ばない点も魅力的だ。
B8ta Yurakucho 100

他にも「立つほうき+立つちりとり」「スパッと切れるラップケース」「引っ張って取り込みやすいインテリアハンガー」を体験。いずれもアイディア商品として優れており、体験すると欲しくなってしまう。なおカインズ商品は一部在庫がb8ta内にあり、その場で購入できるそうだ。

エクスペリエンスルーム以外のエリアは、様々なブランドが最先端の商品を展示。次に体験した中で気になったものを紹介する。

ギャラリー
関連情報
カテゴリガジェット
更新日2020年08月01日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索