Anker初の屋外カメラ、AIで人物と顔を検知するよ。HomeKitも対応

ワイヤレスカメラ「Eufy eufyCam 2C 1-Cam Kit」とワイヤードカメラ「Eufy Solo OutdoorCam C22」

Anker Eufy Security Outdoor Camera 02

Ankerは4月13日、メディア向け発表会「Anker Power Conference – ‘22 Spring」にて、同社初となる屋外向けセキュリティカメラ「Eufy eufyCam 2C 1-Cam Kit」および「Eufy Solo OutdoorCam C22」を発表した。

Eufy eufyCam 2C 1-Cam Kit

「Eufy eufyCam 2C 1-Cam Kit」は、カメラ本体がワイヤレスで動作する仕組み。IP67仕様の防水防滴規格を満たし、約半年間充電が不要なバッテリーを内蔵。設置場所を選ばない。

カメラの視野角は135度、撮影解像度はフルハイビジョン(1,920 x 1,080)。ホームベースには16GBのストレージが内蔵され、複数のカメラ映像が保存可能。AIセンサーを活用し、人物と顔を検知しアラートで通知できる。HomeKit、Amazon Alexa、Googleアシスタントをサポートし、既存スマートホームエコシステムに組み込める。

価格は19,990円。2022年夏頃の発売を予定している。

Eufy Solo OutdoorCam C22

一方で「Eufy Solo OutdoorCam C22」は、ワイヤードカメラ。IP67仕様で、内蔵されたAIセンサーを利用し人物やペットを別々に検知してアラートで通知可能。Amazon AlexaおよびGoogleアシスタントには対応するが、HomeKitはサポートしない。

Anker Eufy Security Outdoor Camera 01

ストレージは、最大128GBのMicro SDに対応。撮影画角は130度、解像度はフルハイビジョン(1,920 x 1,080)となっている。

価格は8,990円。2022年7月下旬の発売を目指している。

ギャラリー
関連キーワード
公開情報
更新日2022年04月17日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索