学生みんなが特待生。

「iOS 9」、次期iPhoneの感圧タッチに対応した機能を用意か?!

IPhone 6s Force Touch

次期iPhoneに関する情報が少しずつ増えてきた今日この頃。これまでの情報によると今年発表されるモデルの目玉機能として感圧タッチ対応が噂されているが、またしてもそれを裏付ける重要な情報が明らかになった!

9To5Macによると、iOS 9」には感圧タッチに対応した機能が用意されていると報じている!

次期iPhoneの感圧タッチディスプレイ搭載が濃厚に

iPhone 5」から「iPhone 5s」の目玉機能が「Touch ID」だったように、iPhone 6」から「iPhone 6s」の目玉機能は感圧タッチディスプレイの搭載になりそうだ。

Appleは感圧タッチ対応を前提として「iOS 9」の開発を進めているとのこと。具体的な活用方法はまだ明らかになっていないが、現在ある長押しで起動する機能を置き換えることが予想される。

感圧トラックパッドに対応したMacで利用できる機能もiPhoneで使えるようになる見通し。純正マップアプリでピンを落としたり、押しの強さによって動画プレイヤーの早送り・巻き戻し速度を調整することもできるようになるそうだ。

情報元によるとiPhone向けの感圧タッチ機能は「パワーユーザー向け」になると指摘している。「Apple Watch」のように知らないと困るような機能はない。

また、iPad向けの「iOS 9」にも実装されているため、次期iPadも感圧タッチを搭載する可能性は十分ありそうだ。

「iOS 9」は「WWDC 2015」で発表される見通しだが、仮に今回の情報が事実だとしても感圧タッチに関する情報については対応するハードウェアが無いため、当日言及されないはず。次期iPhoneが発表される9月頃に新端末と併せて発表されるかもしれない。

新キーボードやiMessageの既読通知なども準備中

他にも「iOS 9」に関する最新情報が明らかになっている。

1つは新しいキーボードの採用。既にAppleは複数のプロトタイプを用意しテストしていると伝えられている。現時点では英字キーボードに関する情報のみだが、ポートレートモード(横向き)にした際に表示される編集機能や予測変換システム「QuickType」の使い勝手を見直しているとのこと。

他にもiMessageは次期iOSで地味ながら重要なアップデートが予定されている。それは既読通知。グループチャットにおける既読通知に対応する他、大事な家族や身近な友達など、選択した人のみ既読通知を確認できるようにする機能も用意されるそうだ。

最後に、日本在住の人には関係ないが、「Apple Pay」がカナダでも利用できるようになる見通し。中国も噂されているが、アメリカ国外で同サービスに対応するのはカナダが最初になる予定。日本でもいつか利用できるようになる日が来ると信じたい。

(via 9To5Mac