「iPhone 6s」の感圧タッチディスプレイ用モジュール、量産開始か?!

iPhone-6s-Force-Touch-01.JPG
次期iPhoneはやはり当初噂されていた通り、感圧タッチに対応したディスプレイを搭載するのか?!


Digitimesによるとサプライチェーンが「iPhone 6」の感圧タッチディスプレイ用モジュールの量産を開始したと報じている!

6月中に少量生産を実施し、7月から量産を開始か?!

情報元によると、2015年第3四半期のiPhoneの出荷台数は3,600〜4,000万台に、ホリデーシーズンを含む第4四半期は5,000万台になると予想している。

次期iPhoneのサプライヤーでもあるTPK社は近々「Force Touch」テクノロジーを使用したパーツの量産を開始すると7月に公言。具体的な発注元はあきらかにしなかったものの、「Force Touch」ブランドを持つのはAppleに他ならないことから「iPhone 6s」用である可能性は高い。

8月に入り、今後さらに次期iPhoneの情報が明らかになるはず。今のところ「iPhone 6s」は感圧タッチディスプレイを搭載する他、RAMが待望の2GBに、1,200万画素/500万画素カメラを搭載し、「A9」チップが動作すると予想されている。

「iPhone 6s」もカメラの出っ張りは健在かーー内部パーツの写真がリーク


「iPhone 6s」、4K動画撮影に対応した1,200万画素カメラを搭載か?!


次期iPhoneのRAMはLPDDR4規格の2GBメモリ搭載、Force Touchも採用か?!


(via AppleInsider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に