「iOS 13」と「iOS 12」を比較したスクリーンショット

UI/UXの視点から見た「iOS 13」と「iOS 12の違いをツイートで解説

IOS 13 12 comparison screenshots

今秋には「iOS 13」が正式にリリースされる。新機能や新しいデザインに触れるのが楽しみな一方で、過去1年間使ってきた「iOS 12」からどのように進化するのかは気になるところ。

AmazonのUXデザイナーであるRyan Burnett氏が、UI/UXの視点から見た「iOS 13」と「iOS 12」を比較したスクリーンショットを多数公開していたので、紹介する!

共有シートのUIが大幅刷新、下段が縦スクロールに

「iOS 13」では共有シートを表示する時に、画面下部にあった「キャンセル」ボタンを廃止し、代わりに右上に「☓」ボタンを追加。

また、2列目にあった「コピー」「ホーム画面に追加」などの項目は横スクロールではなく、縦スクロールするUIに変更。

アプリと連携する機能は上段でアプリアイコンが表示、iPhone内の機能は下段でリンク表示にしたUI、という変更が行われている。

Safariのリーダー表示が変更、複数機能の内包

Safariの左上にあるリーダーボタンをタップするとリーダー表示に切り替わるのが「iOS 12」だった。

「iOS 13」からはリーダー表示への切り替えだけではなく、ツールバーの非表示、デスクトップ用サイトの表示、ウェブサイトの設定などの項目がアクセス可能になっている。

従来は右上にあった更新ボタンを長押しするとデスクトップ用サイトの表示に切り替えることが可能だったが、「iOS 13」ではコピーUIが出現するとのこと。

SafariのブックマークUIが見やすく

「iOS 12」では青色ベースのUIだったブックマークページだが、「iOS 13」では黒ベースになり、上部にあるボタンが立体的に変更されている。

また、ブックマークページを表示したときのUIが、表示している画面に覆い被さるようなカード型のUIに変更されていることも確認できる。

スクリーンショットのマークアップ機能が改良、ウェブページの全画面スクショにも対応

「iOS 13」では撮影したスクリーンショットをマークアップするための画面が新しくなり、ツールのUIもリアルになり、圧倒的に見やすくなった。

また、ウェブページのスクリーンショットを撮影する場合、画面内に表示されていた領域と同時にページ全体を撮影してくれる機能も追加された。

音量UIが画面端に移動

音量を調整する際に表示されるUIが画面中央ではなく、画面左端に表示される仕組みに。

位置情報の取得がより厳格に

アプリによる位置情報の取得がより厳格になった。

「iOS 12」では「許可する」「許可しない」の2択しかなかったが、「iOS 13」からは「アプリを使用中にのみ許可」「一度のみ許可」「許可しない」と細かく設定できるようになった。

「友達を探す」と「 iPhoneを探す」を統合したアプリを統合した「Find My」アプリの登場

「iOS 12」では「友達を探す」と「 iPhoneを探す」という異なる2つのアプリが存在していたが、「iOS 13」ではそれらを統合したアプリ「Find My」が登場する。

「ショートカット」アプリのUIも一部変更

「iOS 12」で「ショートカット」アプリを起動すると表示される画面は「ライブラリ」だったが、「iOS 13」では「My Shortcuts」になっている。

また、「ショートカットを作成」ボタンも変わっている。

「メッセージ」アプリは標準で検索バーを表示

「iOS 13」の「メッセージ」アプリは標準でメッセージ全体を検索できる入力欄が用意され、新規作成ボタンも「メッセージ」と書かれたボタンと同列に配置。ボタンそのものも青い円形のボタンに変更されている。

「メッセージ」アプリでは新規メッセージ作成画面でカード型のUIを採用

「iOS 13」では新規メッセージを作成すると、表示している画面に覆い被さるようなカード型のUIに変更されていることも確認できる。

「マップ」アプリの「よく使う項目」が分類可能に

「iOS 13」の「マップ」アプリでは「よく使う項目」を分類できる機能が追加されている他、「コレクション」という機能が追加されている。

「マップ」の位置情報ページのUIが一部変更

「写真」アプリのヘッダを変更、グラデーションで境界線を演出

「iOS 13」では「写真」アプリが大幅に強化されるが、アプリのUIも一部変更。

画面上部にあった固定ヘッダは透過になり、グラデーションで境界線を演出。画面上部には表示している写真の日付、複数枚選択ボタン、写真のグリッド表示の拡大・縮小ボタンが配置され、画面下部には年・月・日・すべてで写真表示を切り替えることができるボタンが用意されている。

「写真」アプリの共有シートがカード型UIに

他の共有シートと同様に、「写真」アプリの共有シートも新しくなっている。

「iOS 13」新着記事
トレンド検索