新型iPad Pro(2021)の噂まとめ:スペックや発売日など最新情報

随時更新:2021年の新型iPad Proについて分かっていることすべて

Daniel romero mnRr8o5jgk unsplash

iPad Pro(2021)の特徴は、ミニLEDディスプレイ搭載、5G対応、カメラ性能の向上、チップ性能の向上と予測されている。発売は4月になる見通しだ。

本記事には新型iPad Pro(2021)の特徴、スペック・仕様、発表日・発売日、価格など最新情報を随時更新してまとめている。新型iPad Proを購入予定の人や、購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

1分で分かるiPad Pro(2021)の最新情報

記事執筆時点で報じられているiPad Pro(2021)のスペックや仕様は、以下のとおり。新しい情報が入り次第、本記事を追記・修正する。

  • 11インチと12.9インチモデルの2モデル展開
  • デザインは現行モデルとほとんど同じ
  • チップ性能はM1 Macに匹敵するレベル
  • 12.9インチモデルのみミニLEDディスプレイを搭載
  • 5G対応(セルラーモデル)
  • Thunderbolt/USB4ポートを搭載
  • カメラ性能が向上

iPad Pro(2021)の噂まとめ

デザイン

IPad Pro 12 9inch 11inch and camera unit 2020 model 01

概要
  • 基本的なデザインは現行モデル踏襲
  • スピーカーグリルの位置および数が変更
  • カメラのレンズカバーは平らになる
  • 12.9インチモデルは厚みが0.5mm増

iPad Pro(2021)の筐体デザインは、両モデルとも2020年モデルから変わらない。12.9インチモデルのみ、ミニLEDディスプレイ搭載で厚みが0.5mm増すと見られている。

背面カメラは、レンズカバーは平らになる模様。残念ながらユニット全体が突起していることには変わりない。カメラ性能の向上は予想されているが、仕様の詳細は不明。デュアルカメラ+LiDARセンサーの構成を引き継ぐ可能性が高い。

サウンド周りの見直しも報じられている。側面スピーカー穴の数が3割減り、位置も新しくなるそうだ。

IPad Pro 11 2021 full
11インチモデルのデザイン=MySmartPriceより

IPad Pro 2021 Cad renders 08
12.9インチモデルのデザイン=91mobiles.comより

5G

5G1455 TP V

概要
  • 5G対応

iPad Proのセルラーモデルは、5G対応が有力だ。使用するモデムチップなどの詳細は不明だが、2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、世界で初めて5nmプロセスを採用した5Gモデム「Snapdragon X60」を搭載する。

Snapdragon X60の特徴は、通信時における電池持ちの改善と、世界各国で使用される5G帯域のサポート。「iPhone 13」に先立ち、ミリ波による5G通信が実現する可能性はある。

ミニLEDディスプレイ

Jeremy zero 9 qg RN 3Rg unsplash

概要
  • 12.9インチモデルのみミニLEDに対応

iPad Pro(2021)は、Apple製品として初めてミニLEDディスプレイを搭載すると見られる。現時点では12.9インチモデルでの採用は濃厚。11インチモデルは不明だ。

ミニLEDディスプレイの採用により、本体は軽量化や薄型化されるだけではなく、広色域や高いコントラスト比やHDRが可能だ。有機ELディスプレイの特徴に似た、黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くできる「ローカルディミング」も実現できる。

Thunderbolt/USB4ポート

Using USBC with new ipadpro

概要
  • M1 Macと同じ外部ポートを搭載
  • 接続可能な周辺機器が増える
  • データ転送速度が高速化

新型iPad Proは、M1 Macと同じThunderbolt/USB4ポートを採用する可能性がある。現在はUSB-Cポート(USB 3.1 Gen 2)だが、Thunderboltになることで既存周辺機器との互換性を保ちながら、Thunderbolt接続を前提とした外部ディスプレイなどの周辺機器が利用可能になる。

またデータ転送速度は、少なくとも2倍高速化される。外付けドライブへのファイル転送時間は、大幅に短縮されるだろう。

A14X Bionic

Ernest ojeh xSUZWZkjklc unsplash

概要
  • M1チップに匹敵するパフォーマンス

iPad Pro(2021)は、M1 Macに匹敵するパフォーマンスになる可能性がある。正式なチップ名は不明だが、A14 Bionicのパフォーマンスを向上させた「A14X Bionic」が予想されている。

現行iPad Pro(2020)はA12Z Bionicチップを搭載。8コアCPUと8コアGPUを内蔵している。M1チップは、8コアCPU、8コアGPU、16コアのNeural Engineから構成されている。

発表日・発売日

概要
  • 4月後半に発表・発売

iPad Pro(2021)は、スペシャルイベント「Spring Loaded」で正式発表される見通し。ミニLEDモデルは4月半ばから量産を開始すると報じられており、発売日は4月後半になる可能性が高い。Wi-Fiモデルが先行販売されるとの情報もある。

価格

概要
  • 不明

現時点でiPad Pro(2021)の価格に関する情報は明らかになっていない。iPad Pro(2020)のApple公式サイトにおける販売価格(税別) は以下のとおり。

11インチモデル Wi-Fi Wi-Fi + Cellular
128GB 84,800円 101,800円
256GB 95,800円 112,800円
512GB 117,800円 134,800円
1TB 139,800円 156,800円
12.9インチモデル Wi-Fi Wi-Fi + Cellular
128GB 104,800円 121,800円
256GB 115,800円 132,800円
512GB 137,800円 154,800円
1TB 159,800円 176,800円

iPad Pro(2021)の最新ニュース

18本の記事を表示する
特集
関連情報
更新日2021年04月17日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:598788)

    昨日ぐらいに大量生産を始めたというリークがあったので、発売日は早まりそうですね><

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索