iPad Air 4、2021年3月に発表か 11インチに大型化の噂

USB-Cポート搭載、A14チップ内蔵、Magic Keyboardをサポート

Daniel romero 6e9EOslcBIs unsplash

Appleは、新型iPad AiriPad Air 4)を2021年3月に発表する可能性がある。MyDriversによると、「iPad Air 4」は11インチ型Liquid Retinaディスプレイを搭載、A14チップを内蔵し、iPad Proのようなデザインを採用するという。

本体背面にはSmart Connectorを搭載し、Magic Keyboardをサポートするほか、端子はLightningではなくUSB-Cへと変更。ストレージは128GB、256GB、512GBが用意されると予想している。

価格は現行のiPad Air 3よりも150ドル引き上がられ、649ドルからになると見られている。

11インチ型型iPad Proの筐体を採用したiPad Airモデルになる可能性

「iPad Air 4」が11インチディスプレイを搭載する可能性は高い。台湾経済誌「工商時報」、Appleに関する情報を正確に予測してきた有没有搞措氏も同じ予想をしており、BloombergのMark Gurman氏は、新型iPad Airは「現行モデルと比べて劇的に変わる」としている。

Macお宝鑑定団Blogは、「iPad Air 4」は11インチ型iPad Pro(2018)の筐体を再利用し、外向きカメラの性能をダウングレードしたモデルになると予測している。

Appleリーカーを自称しているKomiya氏は、MyDriversが報じた内容と同じ情報を8月12日時点で予想していた。

Appleの情報を正確に予測した実績のある有没有搞措氏は、Komiya氏の情報に対し「A14X」ではなく「A14」と一部訂正している。

iPad Air(第3世代)は、10.5インチ型iPad Proをベースに開発。カメラ、ディスプレイ、スピーカーの性能がダウングレードされているが、価格は15,000円安く提供された。

(Source: MyDrivers via MacRumors

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年09月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索