Anker、100W出力が可能なソーラーチャージャーを発売

ポータブル電源も充電できる「Anker PowerSolar 3-Port 100W」を発売

Anker PowerSolar 3 port 100w

Ankerは8月31日、100W出力が可能なソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100Wを販売開始した。価格は29,800円。

Anker PowerSolar 3-Port 100Wは、Ankerのソーラーチャージャーとして初めて大容量ポータブル電源・Anker PowerHouse ll シリーズの充電に対応した製品。Anker PowerHouse II 400およびAnker PowerHouse II 800」への充電に使用できるXT60ポートに加え、USB-CポートとUSB-Aポートを備える。スマートフォンやタブレット端末など、最大3台まで同時に充電可能だ。

電力変換効率は23.5%、短時間でも効率的な発電を実現

本体には、最大23.5%の高効率で太陽光エネルギーを電力に変換する単結晶パネル、太陽光を効率良く集めるための太陽の位置測定器、パネルの角度や向きを太陽の位置に合わせて簡単に調整できるキックスタンドを搭載。短時間でも効率的な発電を実現している。

パネル部分は4枚構造を採用。約50cmサイズまで収納できる。日常的に持ち運ぶサイズではないが、車の中や自宅の災害用品保管場所などに置いておくことで、いざというときに役立つかもしれない。
Anker PowerSolar 3 port 100w 2

発売を記念して、Anker PowerHouse ll シリーズと同時購入でAnker PowerSolar 3-Port 100Wが5%オフになるセールが開催中。いざというときのために対策しておこう。

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:608954)

    大震災の頃流行ったソーラー型携帯充電器のイメージが悪すぎて、この手のものへの懐疑心が強い。

「iPhone用USB充電器」新着記事
トレンド検索