Anker、持ち運びしやすい小型サイズのポータブル電源を発売

「Anker PowerHouse ll 300」を販売開始

Anker PowerHouse II 300

Ankerは9月22日、持ち運びに便利な小型軽量デザインが特徴のポータブル電源「Anker PowerHouse II 300」を販売開始した。

アウトドアや非常時に使える必要十分な容量(288Wh)を備えてながら、ポータブル電源としては軽い、約4.2Kgの軽量デザインと握りやすいラバーグリップを採用。小型家電用ACコンセントや最大60W出力のUSB-Cポートを含む、合計8ポートを備えている。

停電中などの非常時は、明るさの確保が重要だ。Anker PowerHouse II 300は、柔らかな暖色で辺り全体を照らすランタンのような大型ライトを背面に搭載。また懐中電灯のように一点を強く照らし、SOS用フラッシュとして使用できるライトを側面に搭載している。

Ankerのポータブル電源の強みである、非常時用に長期保管した場合でもバッテリーの自然消費を少なく抑える仕組みが取り入れられている。3カ月で消費される容量は8%に留まる。

継ぎ目のないボディと丸みを帯びたデザインと背面や液晶などの強化により、高さ50cmからコンクリート床への落下テストをクリア。ハンドルには衝撃吸収設計が施され、製品上部にものが落下した場合でも、本体への損傷を抑える構造になっている。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索