【レビュー】Anker PowerHouse II 800:シリーズ史上最もパワフルなポータブル電源

キャンプなどアウトドア・レジャーだけではなく、緊急・災害時用にも活躍する大容量バッテリー

Anker Powerhouse II 800 Review 04

Ankerより、PowerHouseシリーズ史上最もパワフルなスペックを誇るポータブル電源Anker PowerHouse II 800が登場した。216,000mAh(778Wh)の超大容量、11台同時かつ合計最大770Wの超高出力が特徴だ。

製品仕様は以下のとおり。

  • サイズ:約 300 × 185 × 204 mm
  • 重さ:約 8.3 kg
  • 入力:
    • DC:11-28V=10A (合計最大120W)
    • USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A/ 20V=3A (各ポート最大60W / 2ポート合計最大120W)
    • 合計最大入力:240W
  • 出力:
    • AC:110V ~ 4.54A, 50 / 60Hz, 500W (2ポート合計最大500W / 瞬間最大 1000W)
    • USB-A:5V=6A (各ポート最大12W / 4ポート合計最大30W)
    • USB-C:5V=3A / 9V=3A /15V=3A / 20V=3A (各ポート最大60W / 2ポート合計最大120W)
    • シガーソケット + 5.5mm DC:12V=10A (合計最大120W)
    • 合計最大出力:770W
  • バッテリー容量:216,000mAh / 778Wh

メーカーよりレビュー用としてサンプルを提供してもらったので、紹介する。

搭載ポートと各ポートの出力仕様、充電性能を検証

Anker PowerHouse II 800は、合計最大500Wの出力が可能なAC電源を2つ搭載。2つのUSB-Cポート、4つのUSB-Aポート、シガーソケット、2つのDC出力ポートがあり、同時に11台充電できる。

USB-Cポートは各ポートの最大出力が60W。13インチ型MacBook Proであれば、フルスピードで充電できる。USB-Aポートは4ポートの合計出力が最大30Wとなっており、スマートフォンなどのポータブルデバイスの出力用に最適だ。

Anker Powerhouse II 800 Review 05
シガーソケット

Anker Powerhouse II 800 Review 06
AC電源

Anker Powerhouse II 800 Review 07
USB-Cポート、USB-Aポート、DC出力ポート

MacBook Proを4台、フルスピードで充電しながら余力あり

AC電源とUSB-Cポート2つを活用すれば、16インチ型MacBook Pro、15インチ型MacBook Pro、13インチ型MacBook Proを2台、合計4台を同時にフルスピードで充電できる。
Anker Powerhouse II 800 Review 13

さらにUSB-Aポートを活用すればiPhoneやiPadなども同時に充電可能。シガーソケットを活用すれば、高出力を必要とするデバイスも充電できる。
Anker Powerhouse II 800 Review 17

電池容量は216,000mAh。iPhone 12を約58回、M1 MacBook Airを約11回、30W出力の小型扇風機の使用時間約19時間に相当する。

充電中はポート上部にあるディスプレイ上に電池残量が確認できる。ディスプレイは、本体が満充電になるまでの推定時間、電源周波数、動作下限/上限温度を超えたときの通知なども表示される。
Anker Powerhouse II 800 Review 15

本体の充電方法と充電時間

本体のフル充電は、付属するアダプタの使用で約7.1時間かかる。2つのUSB-Cポートを同時に使用すれば、充電時間は4.9時間まで短縮できる。
Anker Powerhouse II 800 Review 02

AC電源を挿すことで充電が開始され、ディスプレイ上には電力、充電完了までの時間、電池残量が確認できる。
Anker Powerhouse II 800 Review 16

26%から1時間20分間の充電後、電池残量は26%から63%まで増えていた。
Anker Powerhouse II 800 Review 01

なお同梱されているシガーソケットケーブルを使用し、車のシガーソケットから充電も可能。フル充電は約7.1時間掛かる。車に積んでおけば、車内用コンセント代わりに使用できる。
Anker Powerhouse II 800 Review 03

いざという時に役立つライトやフラッシュライトを内蔵

Anker PowerHouse II 800は、Anker PowerHouse II 400と同様に大型ライトおよびフラッシュライトが搭載されている。

フラッシュライトは、高照度、低照度、SOSモードの3段階が用意。ボタンを押すごとに切り替わる。
Anker Powerhouse II 800 Review 08
側面にあるフラッシュライト

大型ライトは、照度が3段階用意されている。
Anker Powerhouse II 800 Review 09
背面にある大型のライト

Anker PowerHouse II 800レビュー:PowerHouseシリーズのボス

Anker Powerhouse II 800 Review 12

Anker PowerHouse II 800は、PowerHouseシリーズ最大級。電池容量は、Anker PowerHouse II 400の2倍、Anker PowerHouse 200の3.75倍もある。

PowerHouseシリーズのスペック比較は以下を参考にしてもらいたい。

PowerHouse II 800 PowerHouse II 400 PowerHouse 200
バッテリー容量 216,000mAh 108,000mAh 57,600mAh
重さ 約8.3kg 約4.6kg 約2.7kg
サイズ 約300 × 185 × 204mm 約255 × 148 × 139mm 約190 × 138 × 118㎜
ポート数 【合計11ポート】
AC出力ポート x 2
USB-Cポート x 2
USB-Aポート x 4
シガーソケット x 1
DC出力ポート x 2
【合計8ポート】
AC出力ポート x 1
USB-Cポート x 1
USB-Aポート x 3
シガーソケット x 1
DC出力ポート x 2
【合計5ポート】
AC出力ポート x 1
USB-Cポート x 1
USB-Aポート x 2
シガーソケット x 1
合計最大出力 770W 516W 130W
AC電源の出力 500W
(瞬間最大 1,000W)
300W
(瞬間最大 600W)
100W
(瞬間最大 200W)
本体の充電時間(最短) 約5時間 約4時間 約4.5時間

Anker PowerHouse II 800は、電池容量、ポート数、出力性能がすべてトップクラスである代わりに、重さは約8.3kgもある。無理な体勢で持ち運ぼうとすると肩や腰を痛める恐れがある。

Anker Powerhouse II 800 Review 10
PowerHouseシリーズ、左から「II 800」「II 400」 「200」

Anker Powerhouse II 800 Review 11
PowerHouseシリーズを上から見た図

自宅にポータブル電源を置いておくのであれば、大きければ大きいほうがいいと考えがち。しかし実際にポータブル電源を持ち運ぶ可能性を考えると、Anker PowerHouse II 800は現実的ではない。また大きく高性能である分、シリーズの中で最も高価だ。災害目的で導入するのであれば、一回り小さいAnker PowerHouse II 400のほうが、金額と性能のバランスが良い。

Anker PowerHouse II 800は、キャンプなどのアウトドア・レジャーを定期的に楽しむ人に向いているだろう。もし僕がそのような生活をしていたら車に積んでおき、現地では夏なら扇風機や小型冷蔵庫、冬は電気毛布やストーブが使える。大自然に囲まれながらプロジェクターで映画鑑賞、隙間時間にMacBook Proを使って仕事も夢ではない。AC電源があれば、外部ディスプレイも出力できる。最強すぎるノマド環境が堪能できてしまうのだ。

残念ながらキャンプ未経験の僕には、そのような生活は想像の世界でしかない。しばらくは災害時用のポータブル電源兼ダンベルとして、部屋の片隅に待機してもらおう。

Anker PowerHouse II 800
7.5/10
特集
公開情報
更新日2021年02月24日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. しゃむはむ(コメントID:597250)

    おお、MBP総動員の実験は圧巻ですね!パワフルなのがよく分かります。
    ところでダ、ダンベル…?

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索