当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Ankerの150W充電器がおすすめな理由。新幹線の振動でも壁コンセントから抜け落ちない

150Wモデルのほうが、120Wモデルより最大出力、USB-Cポート数、形状が優れている

Anker Products I used on the trip to nagoya 03

Ankerからは幅広い性能のUSB充電器が登場しており、出力も様々。僕は普段持ち運ぶもので出先で充電するアイテムは、14インチMacBook ProiPhone 15 ProEOS R3OSMO Pocket 3だ。同時に充電する可能性は低く、MacBook Proの高速充電を必要とする場合でも単ポートで最大100W出力もあれば十分だ。

しかし僕は「Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)」がお気に入りだ。そして同じような環境を持つ人には、手が出しやすい120Wモデルより断然150Wモデルのほうがおすすめだ。

その理由は、壁コンセントとの相性だ。すでに「Ankerの超高出力USB充電器、120Wモデルより150Wモデルのほうがおすすめ」で紹介しているが、120Wモデルは壁コンセントとの相性があまりにも悪い。150Wは正方形に近い形のため、壁コンセントに挿しても安定している。
Anker Products I used on the trip to nagoya 02

新幹線のような振動がある状態でも、壁コンセントから抜け落ちる心配はない。長さのあるケーブルを挿していても問題ない。
Anker Products I used on the trip to nagoya 06

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)」は現在、Amazon HOLIDAY SALE33%オフ120WモデルよりもUSB-C端子が多く、同時に充電できるデバイス数が多い。断然150W推しだ。この機会に是非チェックしてもらいたい。

もっと読む

12本の記事を表示する
ギャラリー
特集
公開情報
更新日2023年12月18日
執筆者g.O.R.i
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「iPhone用USB充電器」新着記事
トレンド検索