2018年に登場する3種類の新型iPhoneのダミーユニットを並べた写真が公開

Iphone 2018 models all

ここ数日間、次期iPhoneのダミーユニットが度々公開されているが、Ben Geskin氏がダミーユニットと思われる2018年に登場する3種類の新型iPhoneを並べた写真を投稿している。

いずれのモデルもホームボタンがなく、5.8インチモデルと6.5インチモデルはデュアルレンズカメラ、6.1インチモデルはシングルレンズでLEDライトの位置がカメラ下に移動している。

2018年は「サイズが大きい=高性能」が成り立たない

Appleの製品は「ディスプレイが大きい方が高性能」であることが多い。「MacBook Pro」も13インチより15インチ、iPadも9.7インチよりも10.5インチや12.9インチの方が高性能だ。

2018年に登場するiPhoneはちょっと違う。投稿された写真を見て分かる通り、3機種のうち、縦並びのデュアルレンズカメラを搭載している両端の2機種はハイエンドモデルとして位置づけられると予想される。

左側が「iPhone X」の後継モデルである5.8インチモデル、右側が6.5インチモデルとなり、いずれも有機ELディスプレイを採用すると見られている。

一方、中央にあるモデルは6.1インチモデル。他の2モデルと比べて液晶ディスプレイの採用やシングルレンズの搭載によって価格が抑えられ、3機種の中ではエントリーモデルとして位置づけられると考えられている。合計6色展開になると噂されているが、製造上のトラブルにより発売は12月以降になるという情報も出ている。

最も小さいモデルと最も大きいモデルが上位モデル、中くらいのサイズが下位モデルということになる。いざ発売されると混乱する人が多そうだ。

あわせて読みたい