iPhoneのインカメラ、将来的には特殊コーティングで”見えなくなる”かも?

iPhone Xのディスプレイ

iPhone用カメラレンズのサプライヤーであるLargan Precisionが、特殊なコーティングをスマートフォン用インカメラ向けに開発している、とGF SecuritiesのアナリストJeff Pu氏が伝えている。

インカメラが見えなくなるだけで、ノッチは残る見通し

これを報じた経済日報によると、早ければ2020年までには実用化される見通し。すでにLargan PrecisionがAppleとの関係があることから、将来的に発表されるiPhoneに適用されると見られている。

この特殊なコーティングによって、インカメラが「完全に見えなくなる」とのこと。現行のiPhoneの場合、ノッチを注意深く見ればレンズがハッキリと見えるが、この加工をすることによってインカメラが目視できなくなると考えられる。

とは言え、この加工はあくまでも視覚効果が改善されることが期待できるだけ。ノッチそのものが無くなるわけではない。あくまでもノッチの中にある様々な要素が見えなくなり、台形型のブロックが画面上部にあるように仕上がるだけだと考えられる。

(via MacRumors