4.7インチ型「iPhone SE2」、2020年に発売か

内部スペックは最新モデルと同様ながら、液晶ディスプレイとホームボタン採用で低価格を実現か

Noah silliman zKzHHKOsZ 8 unsplash iphonne8

Appleは、4.7インチ型の液晶ディスプレイを採用することにより、価格を抑えた新しいiPhoneを2020年に発売すると日本経済新聞が報じている。

同モデルは「iPhone SE」の後継機種という位置づけになるものの、サイズとしては「iPhone 8」と同じサイズになることから、実質的に内部仕様が最新機種に合わせた「iPhone 8」の改良モデルになると考えれる。

今年4月にも「iPhone 8」のデザインに似た4.7インチ型iPhoneを2020年3月に発表する可能性がある報じられていた

Touch IDを引き続き採用し、最新のプロセッサ性能を持つモデルか

価格は4万円前後になる見通し。中国経済の減速による高級機種の販売状況が悪化していることを受け、SamsungやHuaweiに対抗することが狙いと見られている。

iPhone SE」の後継モデルが販売されるという噂は今回が初めてではない。昨年5月には4.7〜5インチディスプレイを搭載すると報じられ、6月には「iPhone SE2」用とされる画面保護ガラスの写真が投稿。今年4月には4.8インチ型有機ELディスプレイを搭載した「iPhone XE」を準備しているというもあった。

現行の「iPhone X」のような筐体デザインで「iPhone SE」と同等の筐体サイズを夢見る人は未だにいるようだが、「iPhone X」が10万円前後の価格が設定されているのはそれなりに理由があり、少なくともホームボタンが廃止されることは考えづらい。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索