「iPhone 6」の4.7インチモデル用サファイアガラス製フロントパネルの丈夫さを検証した動画が公開

Sapphire Glass is darn durable
iPhone 6」は5.5インチモデルだけではなく、4.7インチモデルもサファイアガラス製のフロントパネルを搭載するようだ!そのサファイアガラスはこれまでのゴリラガラスとは比べ物にならないほど丈夫なので、ディスプレイ保護シートは本当に不要になるかもしれない!


次期iPhoneの4.7インチモデル用フロントパネルを入手したとされるYouTuber、Marques Brownleeさんがサファイアガラス製フロントパネルの丈夫さを検証した動画を公開していたので、紹介する!

鍵で引っ掻いてもナイフで刺しても全然傷つかない

Brownleeさんがサファイアガラスの特徴として挙げていたのはその驚くべき丈夫さと柔軟さ。透過度と視認性も高いことから、既に「iPhone 5s」ではカメラレンズと「Touch ID」にサファイアガラスは採用されている。表面積が小さいということもあるが、カメラレンズや「Touch ID」にヒビが入ったという話は聞いたことがないので、確かに丈夫なのかもしれない。

ただそれだけでは想像に過ぎないので、実際に鍵やナイフを使ってサファイアガラスの丈夫さを検証している。鍵とiPhoneと同じポケットに入れるとiPhoneの画面が傷つく恐れがあるが、今回の実験では鍵をこすりつけるように引っ掻いても傷ひとつ見当たらない。これであれば同じポケットに入っていても傷つく心配は無さそうだ。
サファイアガラスの丈夫さ
続いてナイフを取り出し、比較的勢いよくサファイアガラスのフロントパネルに向かって刺しているが、こちらも同じく傷はつかずに終わった。
サファイアガラスの丈夫さ
その後、冒頭の画像にもあるように折り曲げ実験も実施しているが、こちらもかなり曲げているがパキッと折れたりすることはない。素晴らしい!

それでは以下からどうぞ!



こうしてみるとBrownleeさんが入手しているフロントパネルは丈夫であることは間違いないが、これらが本当にサファイアガラスであるかを確認することはできない。

リーク情報でお馴染みのSonny Dickson氏も同じくフロンパネルの丈夫さやサイズ感を検証した動画を公開していたので、載せておく!こちらもサファイアガラスであると謳っているが、同じく事実確認はできない。



(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!