4インチ型iPhone、2016年前半に発表か?!「iPhone 7 Plus」のみRAMが3GBに?!

iphone-5s-6-6plus.jpg

iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」も見送り、未だに4インチディスプレイを搭載した新型iPhoneを待ち続けている皆さんに朗報だ!

KGIのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2016年前半までに4インチ型iPhoneを発表すると予想している!

4インチ型iPhoneは「3D Touch」に非対応か?!

Kuo氏によると、現在開発が進められている新しい4インチ型iPhoneは「A9」プロセッサを搭載し、「iPhone 5s」に似たデザインを採用するとのこと。「iPhone 5c」のようなプラスチック製の筐体は採用されず、金属製になるとのこと。

また、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」で採用され、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」でも採用されると予想される「3D Touch」は4インチ型iPhoneには搭載されないと予想している。搭載しない理由は差別化であり、4インチモデルを廉価版として位置づける可能性が高い。

4インチ型iPhoneは例年の新型iPhoneよりも数ヶ月前倒しで発表され、年内までに2,000万〜3,000万台を出荷すると予想されている。

この情報は以前、ITProが報じていた内容と一致する。やはりAppleは4インチ型iPhoneの開発を水面下で進めているのかもしれない。

「iPhone 7」のRAMは2GB、「iPhone 7 Plus」のRAMは3GB?!

一方、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の後継モデルは例年通り第3四半期に発表されるとのこと。「iPhone 7」シリーズは引き続き4.7インチと5.5インチモデルが用意され、「A10」チップを搭載するとコメント。

ここまではあえて聞かなくても予想がつくが、新しい情報として次期iPhoneからは4.7インチモデルのRAMが2GB、5.5インチモデルのRAMが3GBになると予想されている。大画面を使い続けている僕にとっては朗報だが、過度な期待はしない方が良さそうだ。

来年発売予定の4インチ型iPhoneを含む新型iPhoneのチップメーカーはTSMCになるとのこと。「iPhone 7/7 Plus」に関しては以前、次期iPhoneは防水・防塵仕様になるという情報やホームボタンが無くなり小型化するという情報も報じられていた。

4インチ型「iPhone 6c」、10〜11月に発表か?!

「iPhone 7」は防水・防塵仕様か?!筐体に新素材を採用する見通し

「iPhone 7」、ホームボタンが無くなり小型化か?!


(via 9To5Mac