「USB4」は「Thunderbolt 3」ベース、データ転送速度は40Gbps

Intel Thunderbolt3 3
【image via Intel Newsroom

USB Promoter Groupが現地時間3月4日、次世代USB規格「USB4」を発表した。

Intelの「Thunderbolt 3」の仕様に基づいた仕様となっていて、データ転送速度は現行の「USB 3.2」の2倍にあたる40Gbpsになる。「USB 3.2」、「USB2.0」、「Thunderbolt 3」との後方互換性も保持されているとのこと。

現在50社以上がドラフト仕様の最終段階のレビューに活発に参加。「USB4」仕様は2019年半ば頃に公表できる見通しとなっている。

次期「MacBook Pro」にも「USB4」が採用される可能性

「USB4」ソリューションの主要特徴は下記の通り:

  • 既存のUSB Type-Cケーブルを使用した2レーン動作と40 Gbps認証ケーブルを使用した最大40 Gbps動作
  • データおよびディスプレイの複数プロトコルにより、バス上の総利用可能帯域を効率的に共有
  • USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との後方互換性

Intelのプレスリリースによると、同社が発表を予定している10nmプロセスを使用したプロセッサ「Ice Lake」(コードネーム)は「Thunderbolt 3」コントローラが統合されているとのこと。

Intel Thunderbolt3 2

このことから、Appleがこの先発表するMacにも「USB4」が対応する可能性は高く、噂されている16インチ型「MacBook Pro 2019」に採用されることが期待される。

USB Promoter GroupはApple、HP、Intel、Microsoft、Renesas Electronics、STMicroelectronics、Texas Instrumentsの企業から成る、USBソリューションにおける機能と性能の向上を求める市場ニーズを満たすUSB仕様ファミリーを一貫して開発している。

また、仕様を拡張・適合させるために仕様の追補版(USB Power Delivery、USB Type-Cなど)を策定している。