学生みんなが特待生。

「Thunderbolt Display」、在庫限りで販売終了へーー新モデル登場に期待

Apple Thunderbolt Display

2011年に登場して以来、一切アップデートされずに5年間も現役で活躍したApple唯一の純正ディスプレイがついに役目を終える時がやってきた。

TechCrunchによると、Appleは「Thunderbolt Display」を在庫限りで販売終了すると報じている!

Macユーザーにサードパーティ製ディスプレイを案内

Appleはこの件について以下のコメントを発表している。

We’re discontinuing the Apple Thunderbolt Display. It will be available through Apple.com, Apple’s retail stores and Apple Authorized Resellers while supplies last. There are a number of great third-party options available for Mac users.

via Start your speculation engines, Apple is discontinuing its Thunderbolt Display | TechCrunch

確かに「Thunderbolt Display」はスペックの割には目を疑うほど価格が高い。2011年に発売され、未だに108,800円で販売されているが、172,800円でiMac Retina 4Kディスプレイモデルが購入できる。

先日、GPU内蔵の「Apple Thunderbolt Retina 5Kディスプレイ」が登場することが噂されている。現行モデルが正式に引退することが発表されたことから、いよいよ新モデル登場に期待が寄せられる。新型「MacBook Pro」とともに秋に登場するかな……?

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac